状況別!パワハラで仕事を辞めたいときの対処法!

立場上逆らえない人物から加えられる、物理的あるいは精神的苦痛・・・パワハラ。

そのパワハラが起こる状況も千差万別。
自分がどんな状況や立場でパワハラを受けているのか、誰からパワハラを受けているのか、関係性を冷静に考えることも重要です。

また、自分の仕事の内容や、受けている嫌がらせの内容も、パワハラと向き合うのに重要なファクターになります。

もう、パワハラから脱出したい、でも何から考えていいのかわからない。
そんな人は、次にあげる項目ごとに考えてみましょう。

それがあなたがパワハラから脱出する第一歩になります。

あなたのパワハラはどんなパワハラですか?
項目ごとに見ていきましょう。

立場の弱い人間のパワハラ対処法

パワハラは立場上強い人間から加えられるものです。

ご自身が立場上、弱い立場にいるとき、その立場がある程度特徴的であれば、行動する手だても通常の場合より増えるかもしれません。

もしくは正社員の場合と違って、逆にできないこともあり、行動によってはコチラが契約不履行などで立場上もっと不利になってしまうこともあるかもしれません。

パワハラで苦しんだあげく、さらに立場を利用して苦しめられるなんてひどいことにならないためにも、しっかりと対策をしましょう。
そしてその手に勝利をつかみ取りましょう。

次にあげる立場に該当する場合は是非参考にしてみてください。




相手別のパワハラ対処法

パワハラを誰から受けているのか、というのも対策を考えるときに重要になってきます。
具体的に訴える場合も、そうでない場合も、行動するにはまず相手の状況を確認しなければなりません。

あなたを苦しめる人物はいったいどんな人物ですか?

客観的でも感情的でもなく、物理的にどんな立場に立っている人間なのかにスポットを当てています。
例えば、上司なのか店長なのか、ただの先輩なのか、お局なのか、会社の物理的トップの社長なのか。

相手の立場を考えれば、相談する相手や訴えかける場所も変わってきます。
その相談先あるいは訴える場所を間違わないためにも考えてみましょう。

あなたを苦しめる人物のことなんて考えたくもないかもしれませんが、今後のために向き合ってみましょう。





職場・職種ごとのパワハラ対処法

あなたがパワハラを受けている状況も、今後のことを考える重要な要因にあげられます。
どんな職種の中で、どのような仕打ちを受けているのか。

状況もパワハラが起こる要因にかかわってきます。
仕事をするということはある程度、仕事によってストレスはつきものです。
ストレスの多い仕事なのか、ストレスがない代わりに刺激を求めてつまらないパワハラをされているのか。

職種によって環境は様々です。
そのため、それだけで対策は大いに変わってきます。

あなたのパワハラの現場はどんな場所ですか?
どんな環境下でどんな仕事をしていますか?

あなたの仕事から見たパワハラの脱出方法をご紹介しています。





パワハラの種類ごとの対処法

パワハラにも種類があります。

ただ罵声を浴びせるだけでも、その言葉の内容で変わってきます。
人格を否定してくるのか、集団でいじめてくるのか、じめじめと嫌味を連ねてくるのか。

精神的なものだけでなく、物理的なパワハラだってあります。
給料を減らされたり、仕事をたくさん押し付けられたり、あるいはその逆に仕事をもらえず給料泥棒扱いされたり。

どんなパワハラを受けているのか、考えるのは苦しいです。
考えたくもないでしょうし、冷静に考えるのは難しいかもしれません。

しかし、攻撃には防御と回復が必要です。
病気によって薬が変わるように、見当違いの防御や回復は意味がありません。

ご自身の受けているパワハラをどのように倒していくのか、それぞれの状況から考えてみましょう!









「パワハラ脱出ノート」トップに戻る

ページの先頭へ