パワハラで転職したい!転職成功のためにすべきこと

パワハラをしている人の性格や言動を変えることは難しいです。
パワハラの相手を変えたいと思うよりも、自分が行動を起こした方が建設的かもしれません。

状況を自分の力で変えるなら転職活動がおすすめです。

転職活動は多少の労力がありますが、長いスパンで見たらパワハラに悩んでいた辛い日々は時間の無駄だった、転職をして良かったと思えるときがきます。

ここではパワハラで転職をしたいときにすべきことを紹介します。
転職を成功に導き、転職をして良かったと思えるための情報をまとめてみました。

転職を考えた時にまず行ってもらいたいこと

転職を考えたときにまずすることは「転職エージェント」の登録です。
転職エージェントに登録されている求人数は他の転職方法と比較して圧倒的に多く、幅広い選択肢の中で自分に合ったものを選べるからです。

また、一般公開されていない非公開の求人も多く、この中に好条件の求人がある可能性も高く、自分が納得できる求人を探しやすいです。

それから、担当のコンサルタントがいて、履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や面接のアドバイスも受けられるので、転職活動に役立ててくれます。

パワハラで転職を考えた際にどのように行動をしたら良いのか悩んだら、まず転職エージェントに登録し、担当のコンサルタントに相談しながら、求人を見てみましょう。

転職エージェントの登録は無料なので、積極的に活用してみてください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

転職先を探すにあたり、企業研究を怠らないこと

色々な求人を見ることも大切ですが、その企業のコンプライアンスついて自分自身が理解し上で転職先を決めることが重要です。

パワハラから逃れたい一心だけで、コンプライアンスを知らずに転職活動を続けていては転職先でもしパワハラに遭ってしまった場合、苦しくなってまた転職という道をたどってしまうリスクを高めてしまいます。

転職成功とは言えません。

転職先の製品や会社方針、業務内容や給料などの労働条件も転職先を決めるにあたって大切なことですが、コンプライアンスに対する意識が高いのか、低いのかを調べた上で転職先を決めることが転職成功のカギです。

自分の現状を理解すること

パワハラに遭っていると自分がおかれている現状を考えたくもないという風に思いがちです。
しかし自分がなぜパワハラを受けるようになってしまったのかを明らかにすることも大切です。

自分の現状を理解して、受け入れて、自分や相手の気持ちを考えることが転職先で同じような状況に遭ってしまった場合も冷静に受け止めることができるようになります。

頭で考えているだけだと、感情の方が先に浮かびやすくなり、気持ちが揺れ動いてしまうので、文章にして書き起こすのが良いです。

パワハラの内容、きっかけだと思うこと、その時の自分の感情や反省点、相手の感情の推測といった流れで文章を作ってみると、客観的に自分を理解することができます。

自分自身の現状を理解することが、転職活動を行う上で大切なポイントです。
自分の現状を相談できる機関に相談しながら自分と向き合うことは、転職先で自分らしく働くことができるようになり、転職がうまくいきやすくなりますよ。

まとめ

パワハラが原因で転職活動をしようと思った際に、転職エージェントは役立ちます。

転職エージェントには担当コンサルタントがいます。
自分の現状を相談しながら転職活動を進めることができるので、より効果的に効率良く転職先を探すことができます。

転職エージェントから求人を探していく中で、コンプライアンスについての意識という面をふまえて転職先を決めていくことでより転職がうまくいきやすいです。

自分の現状を文章化して理解することで、自分を変えるきっかけを作ってくれ転職活動において自信もつきますよ。

本気で転職を成功させたいなら、パソナキャリアがおすすめです。

おすすめの関連記事


「パワハラ脱出の基本」のページに戻る

ページの先頭へ