転職の面接で必ず聞かれるのが「退職理由」です。

パワハラで転職を決めた場合、退職理由としてパワハラ被害に遭ったことを正直に伝えて良いのか悩んでしまいますよね。

嘘をつきたくないので本当のことを伝えたいけれど、パワハラで転職を決めたことは悪い印象につながらないかと不安になって、退職理由の伝え方が分からなくなってしまいます。

そこで、パワハラで転職する理由を聞かれた時にどのように答えるのが良いのかを紹介します。

答え方を知っておくことで、パワハラで退職後の面接での不安解消につながるでしょう。
退職理由を上手く答えることは、相手に良い印象を与えますよ。

パワハラで転職を決めたことを正直に伝えるべきか

退職理由を聞く目的は、

・コミュニケーション能力があるか?
・職場の中で上手く人間関係を築けるか?
・忍耐力を持っているか?
・仕事に対して責任感があるか?

を見たいからです。

もし、ここで「パワハラで辛い思いをしたので退職を決めました」と伝えた時に面接官が抱くのは「辛いことがあると逃げてしまう人」「困ったことがあると人のせいにしてしまう人」「面倒な人」というマイナスな印象でしょう。

パワハラで大変な思いをしたのは事実であっても、退職理由を聞かれた時に「パワハラを受けていました」と正直に伝えない方が無難です。

面接官は実際にパワハラの現場を見ているわけではありません。
なので、パワハラを転職理由として挙げてしまうのは、避けた方が良いです。

面接の場でどのように退職理由を伝えたら良いか

パワハラを正直に伝えてしまうのは印象を悪くしてしまうというのが分かりました。

では、どのように退職理由の伝えればいいのでしょうか?

自分が伝えるべきことは、前向きに退職を決めたという気持ちを伝えて、転職先で戦力として働けるとアピールすることです。

パワハラというマイナス要素を排除して、プラス要素をしっかり伝えることで面接官に良い印象を与えます。

伝え方として「自分には目指す仕事があり、希望を満たすために退職を決めたこと」をベースにして、転職先で自分のやりたいことを述べると前向きな気持ちを伝えることができるでしょう。

転職理由を伝える2つのテクニック

1つ目は「批判や悪口、愚痴を言わないこと」です。

面接官は前の会社のことは知りません。
パワハラを受けていたという愚痴や不満ばかり述べてしまうと、何でも悪く言ってしまう人、すぐ人を批判する面倒な人と捉えられてしまいます。

限られた面接時間の中で、個人情報をやり取りして人間性を見極めないといけません。
なので、批判や悪口、愚痴などネガティブな要素を封印しましょう。

2つ目は「転職を決めたことについてポジティブなストーリーを作ること」です。

前の会社での経験を活かして、こんな仕事がしたいので転職を決めたという前向きなストーリーを考えて、面接の場で堂々と伝えられるようにします。
自分が持っているノウハウやこれまでの経験をアピールすることで説得力もアップします。

まとめ

面接は自分を売り込む場所です。

そこでパワハラで転職をしたことを正直に伝えても、マイナスイメージを植えつけてしまうだけです。
パワハラでの辛い思いを面接官にぶつけても、不満を共感してくれるわけではありません。

それよりも、これからやりたいことを見据えて転職を決意し応募をしたと熱意を伝えて面接官に良い印象を持ってもらうことの方が大切です。

転職理由を伝える2つのテクニックを活用して、前向きな気持ちを転職理由に織り交ぜると面接官に納得してもらいやすくなりますよ。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

「パワハラで転職」のページに戻る