職場を長く仕切っている女性スタッフ「お局様」。

誰も逆らうことが出来ない。
彼女は仕事が出来るのかもしれないけれど、自分に対するパワハラがひどい。

もうパワハラに疲れ、会社を辞めたい。

そういう時、どういう対処をしていけば良いのでしょうか。

お局様との関係修復を試みる

簡単なことではないのですが、お局様の関係が修復出来るかどうか考えてみましょう。

女性は、ふとしたことで関係が悪くなることがありますが、逆にふとしたことでよくなることもあります。
それは、あなたが気が付かないぐらいの些細なことであったりもします。

こちらが身構えてしますと、相手も身構えてしまいます。
なので、出来るだけ肩の力を抜きながら、相手に敬意を持ちながら接してみましょう。

まず、お局様に仕事上で何かあれば、必ずお礼をしましょう。

きちんとした挨拶が出来るのか出来なのか、その違いだけでも大きな違いがあります。
とくに、挨拶を重視している女性は多くいます。

そしてもし、何か軽い話題をふることが出来たら、話をしてみるのも良いでしょう。

最初から盛り上がるというのは、なかなか難しいかもしれませんが、あなたの中の苦手意識が少しづつなくなりますし、お局様からしたら、歩みよってきてくれていると思ってくれるかもしれません。

何か話題が見つかれば、よい一面も見つけることが出来るでしょう。

この際大事なのは、話題は軽めでも、軽々しく話をしないということです。
相手(お局様)には、あくまでも敬意をはらって会話をするということが重要です。

パワハラのメモをとる

お局様に歩み寄ろうと努力をしたけれど、パワハラがなかなか止まなかった場合。

しっかりと、「いつ」「どこで」「誰に」「どういうことをされた」かを記録をとりましょう。
スマホの機能でもメモ帖でも大丈夫です。

明確に証拠として形に残しておくことが大事です。

ここで証拠を提示せず、上司などに相談しても
「〇〇さんは、いつもあんな感じだからね」
と、軽くあしらわれてしまうかもしれません。

しっかりとしたメモがあれば、パワハラが継続して行われているということを見せることができます。
また度が過ぎたパワハラには、上司は対応をしなくてはなりません。

もしそこで、上司が対応をしてくれないようであれば、パワハラの相談窓口に証拠と一緒に相談をしてみてはいかがでしょう。
何かしらの解決策を出してくれるかもしれません。

とにかく感情的に話をするだけでは、相談もなかなか難しくなるので、客観的な証拠を準備していくということが、大事になってきます。

転職も考えましょう

せっかく働いている職場ですが、お局様に対しての対応は、会社によって色々変わってくると思います。

すぐにパワハラに対して、会社が対処をしてくれれば良いのですが、何も動かないという会社も多いでしょう。
会社に残りたいというのもあると思いますが、パワハラに耐えながら残るということに、どのぐらいの意味があるのでしょう。

我慢をすることは大事です。
しかし、我慢をする必要のないことまで、我慢をすることはありません。

お局様のパワハラに悩まされている時間は、もったいなくはありませんか?

働ける職場は一つだけではありません。
転職サイトなどに登録し、視野を広げてみるのもいかでしょう。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

職場に長くいるお局様のパワハラを回避するということは、簡単なことではないかもしれません。

しかし、何もしなければこのままパワハラを受け続けることになります。

何か少しでも、行動をすることが、あなたの状況を改善することに繋がります。
苦手な人というのは、人間誰でも1人や2人居て当たり前です。

そこで、どうあなたが動くかということが大事なことになるのです。