あなたの近くでパワハラ起きていませんか?
あなたはパワハラに巻き込まれていませんか?

最近では色々なニュースでパワハラを取り上げられることが多くなりました。
その理由の1つとして、パワハラを取り締まる法律や企業の目が厳しくなったことが挙げられます。

実際に山形県でも消防やアナウンサー業界でのパワハラ事件がニュースになっています。
どこの企業でどのような上司がパワハラをしてくるかなんて、誰にもわかりません。

しかしパワハラがニュースになるということは世間的に撲滅しなければいけないということです。
そもそも上司という地位を「利用して」部下を好きに扱うというのはおかしなことです。

あなたが今パワハラに悩んでいるのならば、今すぐにその上司のパワハラ対策を打つべきです。

「なんとかしたいけどパワハラってどうやって対処すればいいの?」という方は、今からお伝えするパワハラ上司撃退法を是非試してみてください。

弁護士に相談をする

一番手っ取り早い方法は弁護士に相談することです。
労働者には権利と義務が存在するので法律に関わりのある存在です。
なので法律の専門家である弁護士に相談してなんとかしてもらいましょう。

山形県には労働問題を専門としている弁護士の方が何人もいらっしゃいます。
中には初回の相談は無料で受け持ってくれる弁護士の方もいるので、一度相談してみるといいでしょう。

弁護士に相談するとお金がかかってしまうのがネックですが、パワハラ上司との関係を完全に断つにはこの手段が一番良いでしょう。

公的窓口に相談する

パワハラといっても過度なパワハラから小学生のイジメのようなパワハラまで、色々な段階のものがあります。
全部やってはいけないことですし、受けていて苦しいのはもちろんです。

しかしあんな上司のためにお金を使うなんて馬鹿馬鹿しい!という方もいると思います。
そういう方には公的窓口の利用をおすすめします。

公的窓口とは県や厚生労働省が運営している一切お金のかからない相談窓口です。
山形県ホームページにアクセスすると、労働問題に関する窓口の番号と実施機関が掲載されています。

時間は月曜日から金曜日の朝8:00〜17:15までになっています。
とても便利なのですが、普通に会社に勤務しているとなかなか窓口に直接顔を出せないというのが難点です。

直接窓口に行ってもいいのですが、一度行く前に電話をしてみるといいかもしれません。

転職をする

今の会社によっぽど自分がこだわりを持っていたり、パワハラ上司に打ち勝つことが目標で無いのならば転職してしまう方がいい場合もあります。

昔の日本の社会人としての暗黙の了解に、上司の厳しさや社会の厳しさに耐えるが正解!のようなものがありましたが、今は全然違います。
パワハラを受けていて、そこから転職という選択をした時に「最近の若者は根性が無い」と先輩方に言われても気にすることはありません。

転職とは「逃げ」の選択肢のようにみえて、立派な「人生の選択」です。
今まで数年間働き続けた会社から違う会社でまたイチからやり直すというのは、ある意味その会社に居続けるよりも大変だと思います。

なので転職という選択肢にためらわないでください。
ちなみに今は転職サイトがとても充実していて、誰でも簡単に転職先を探すことができます。

在職中にストレス無く仕事を探せるように転職エージェントが転職を手伝ってくれます。
今の会社を辞めてから次の仕事につくまでにブレイク無しでいきたい人は、転職エージェントを活用するとスムーズでしょう。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

会社で上司のパワハラに困ったら

・弁護士に相談する
・公的窓口に相談する
・転職をする

このような選択肢があることを忘れないでください。

もちろん上司とちゃんと話し合った上で円満に解決するならばそれに越したことはありません。
しかしパワハラをするような上司がそこまで人間味のあることをしてくれるとは思えません。

生きていると人生は選択の連続です。
パワハラ上司に出くわしてしまった時にあなたがどのような選択をするかは、あなた次第です。

社会人の労働時間は一日の3分の1ほどに該当します。

その3分の1の時間をどれだけストレスの無い環境で過ごすことができるかということは、健康に生きるためにとても重要なことだと思います。

パワハラ上司とはしっかりとケリをつけて、あなたのストレスが無くなることを願っています!