「会社に行くと頭が痛くなる」「朝になると気持ち悪くて辛い」という症状が出ている人はいませんか。

原因は会社のパワハラのせいではありませんか。

会社でのパワハラは年々どんどん取り締まりが厳しくなり、今では上司がパワハラで訴えられる事件も増えています。
愛知県内でも全日本柔道連盟で、指導者にパワハラを行なったとニュースになったりもしています。

ではこのようなパワハラを受けている人たちはどうやってパワハラから脱却しているのでしょうか。

大きい組織の中にいると、自分よりも立場が上の人や年上の人に言われたことや仕事を断るのはなかなか難しいです。
日本人の特性もあり、嫌なことを嫌と断れない人もたくさんいます。

そのため厳しいパワハラに耐えながら鬱になってしまったり身体を壊してしまったり、最悪自殺に至ってしまうこともあります。

こうならないように自分の身は自分で守れる手段を知っておかなければなりません。
なので今回はパワハラを受けた時に愛知県ですぐに使える3つの方法をお伝えしたいと思います。

弁護士に相談する

何事も困ったらまずは専門家に相談するのが1番の解決への最短ルートです。

弁護士は労働者に平等に振り分けられている権利や人権問題を、私たち一般の人では分からない範囲まで網羅しています。
そのためパワハラで悩んだら自分の知っている知識だけでどうにかしようとせずに、詳しい人に助けを求めましょう。

素晴らしいことに愛知県には労働問題専門の弁護士の方がたくさんいます。
ここで気をつけなければいけないのが、お金がかかるということです。

当たり前のことですが、何も知らずに行くと驚いてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

弁護士の先生によっては初回相談無料を挙げている方もいるので、まずは聞いてみたいという方はそのような先生に相談してみるといいと思います。

公的窓口に相談する

弁護士の先生に頼りたいけどお金がないから、、という方には公的窓口に相談することをおすすめします。
公的窓口は厚生労働省や県自体でやっているものなので、お金は一切かからず誰でも利用できます。

愛知県にももちろん愛知県のホームページにいけば労働相談窓口があります。
そこに電話番号が記載されているのでそこから電話相談も可能です。

他にも会社自体に相談窓口があるところもあるので、会社の相談局にまずは駆け込みたいという方は是非そちらも利用してみてください。

転職をする

相談するだけでは解決できなかったり、そもそも相談する時間も勿体無い!という方には転職を強くおすすめします。
自分の身の回りの問題は環境や人間関係を変える!と決意した方が明らかに良くなることもあります。

もちろん慣れた環境から脱するのはエネルギーも使いますし、迷ってしまう気持ちもわかります。
そこで迷ってしまったら「この職場に長くいたときの自分」を想像してみてください。
想像したときにあなたは楽しそうに働いているでしょうか。

しっかりと自分の身体と気持ちを守ってあげることも大切な防衛法の1つです。
転職サイトは近頃とても充実していて、エージェントが仲介をしてくれるところもあるのでとても便利です。

在職中でもあまり負担なく転職活動ができるので一度登録してみてください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

パワハラに困ったら身体を壊す前に早急に行動しましょう。
その対処法として

1.弁護士に相談する
2.公的窓口に相談する
3.転職を考える

この3つが挙げられます。

社会人になってから数年働いた会社での環境でパワハラをやられてしまうと、ある程度完成されている人間関係の中では抗い難いとは思います。

しかし会社での立場や空気を優先させて自分がボロボロになってしまっては全く意味がありません。
そうならないように嫌な上司が消え去るのを待つのではなく、自分で自分を守る事を最優先に行動しましょう。

あなたがパワハラの環境から脱却できることを心から祈っております。
圧力に負けず戦いましょう!