暴力・暴言・無視・嫌がらせ…パワハラにも様々な種類がありますが、なかには「左遷」という手でパワハラを増長する会社もあるようです。
左遷そのものが悪いことではありませんが、明らかに不当な理由で左遷されてしまうケースが少なくないのです。

例えば「任された仕事で大きなミスをして会社に大損害を与えた」という理由で左遷されたのなら正当な理由だといえるでしょう。
しかし世の中には「生意気な部下だったから」「気に入らない部下だから」なんて小学生のような理由で左遷を実行する会社が実在するのです。

このような低レベルでの左遷は、あきらかにパワハラの一種「過小な要求」として取り扱うことができます。

不当な理由で左遷されても、なんとか巻き返しを計ろうとする被害者がいます。
しかしもともと頑張っていた社員をくだらない理由で左遷するような会社では、いくら頑張っても正当な評価を受けることはできないでしょう。
まともな評価を受けるためには、まともな会社に転職することが第一条件であるといえます。

そこで今回は、パワハラで左遷されてしまったとき、会社を辞めるための対処法を3つご紹介します。
正当な評価すらしてもらえない会社はとっとと見限って、ちゃんとした会社への転職を目指しましょう!

不当な左遷を弁護士に相談する

そのまま転職してもよいのですが、まずは不当な左遷を弁護士に相談してみるのもよいでしょう。
正当な理由の無い左遷は「不当人事」として裁判に持ち込めるケースも少なくありません。

そもそも不当人事は拒否することが可能なのですが、就業規則に詳しくない方が1人で上層部に立ち向かうのは大変です。
なにせ相手はパワハラを容認するような会社ですから、こちらが法律や雇用契約を振りかざしたところでねじ伏せられてしまうかもしれません。

しかし、そこへいくと弁護士というのはパワハラ問題のスペシャリストです。
不当人事の撤回くらいはお手のものですし、左遷や退職に追い込まれてしまった場合の慰謝料請求が行えることもあります。
実際にどんな対処法が行えるのかはそれぞれのケースによって違うので、詳しくはお近くの弁護士事務所で相談してみてください。

公的な窓口と連携を取る

弁護士以外だと、厚生労働省が設置している公的な窓口に相談するのがオススメです。
全国各地の地方労働局には必ず「総合労働相談コーナー」という窓口が設置されており、そこでは労働に関する様々なトラブルの相談に乗ってくれるのです。

総合労働相談コーナーにはパワハラ以外にもセクハラや賃金未払などの相談ができるのですが、寄せられる相談のうち最も多いのがパワハラに関する相談だと発表されています。
そのため相談員の方もパワハラに関するアドバイスに慣れており、被害者にかなり的確な対処法を教えてくれます。

実は左遷はパワハラかどうかを判断するのが難しいという側面があるため、「自分のケースはパワハラにあたるのか?」という根本的な質問をするところから始めてみてもよいでしょう。

総合労働相談コーナーはあくまで相談窓口なので正式なパワハラ認定を行えるわけではないのですが、ある程度の目安にはなるはずです。
相談して「パワハラにあたる可能性が高い」と言われてから弁護士に相談する、というプロセスを分でもよいでしょう。

ちなみに総合労働相談コーナーは直接足を運ばなくても電話で相談を受け付けてくれます。
職種・性別・地域に関わらず相談に乗ってくれるので、あまり気負わず気軽に電話してみるとよいでしょう。

会社を見限って転職する

世の中にはパワハラの撲滅に尽力する優良企業もたくたんあります。

しかしアナタが不当な理由で左遷されてしまったのだとすれば、残念ながらアナタの会社はことパワハラ対策に関してロクな企業ではありません。
仮に左遷先でそれなりの実績を残したとしても状況は好転しない可能性が高いので、さっさと転職してしまうことをオススメします。

左遷されると「会社に見放された…」と落ち込んでしまう方が多いかもしれません。
しかし実際には逆で、むしろアナタ自身がパワハラ企業を見放してしまうべきなのです。
不本意な部署に左遷されてまで、パワハラを放置する会社にしがみつく必要はありません。

転職するのは確かに大変ですが、今後も定年までパワハラに晒され続けるよりはマシだと思いませんか?
もしも「転職するくらいならパワハラを受けたほうがマシ」だと思うなら強くは言いませんが、「一刻も早くパワハラを解決したい」と考えるなら転職すべきです。
パワハラによる左遷を「転落」と考えるか、人生の「転機」と考えるかは全てアナタ次第なのです。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

左遷を人生の転機に変えよう

パワハラを受けて左遷されることは、さぞかし腹立たしいことだったでしょう。
左遷で今までの努力を全否定されて嬉しい人なんてどこにもいません。

しかし、落ち込んでばかりいても仕方がありません。
左遷を受けて「左遷先で頑張る」のも「あきらめて適当に働く」のもアナタの自由ですが、どうせなら会社を見返してやりたいと思いませんか?

弁護士に相談して裁判に持ち込んだり、公的な窓口と連携して作戦を練ることが、会社を見返すための第一歩になるかもしれません。

そして何より、転職して新しい会社で成功を収めることが最高の復讐になるでしょう。
「どうしてあんな有能な人材を流出してしまったんだ」と後悔するくらいの成功を収められるよう、新天地で努力を続けてください。
アナタの貴重な労働力を、パワハラ企業のために使ってあげる必要なんてどこにも無いのです。

不当な左遷は決して嬉しいことではありませんが、長い目でみれば絶対に悪いことばかりともいえません。
悪い会社と縁を切るためのチャンスだと考えて、左遷そのものを人生の転機に変えてやりましょう!