パワハラという言葉が聞かれるようになって随分経ちますが、パワハラは何処に住んでいても起こる可能性があります。

千葉県といえば、東京に近い地域では交通の便が良く、東京ディズニーリゾートなどレジャー施設も充実しています。

一方で房総地域など、海に近くグルメや海水浴が楽しめる場所もあります。

魅力的なスポットを多数持つ千葉県ですが、もし千葉県内で働いている時にパワハラにあってしまったらどのような行動を取れば良いのか考えてみましょう。

弁護士に相談する

パワハラは現在の所、取り締まる法律がありません。
しかし、嫌がらせの中には法的に問題があると認められるケースもあります。

そうでなくとも法律の専門家である弁護士に一度相談してみるのは賢明な選択です。

訴訟を起こすわけではなく、あくまでも「相談」ですので、費用は数千円と安価です。

事務所によっては無料で受付ていたり、夜間や休日に相談が可能な所もあります。

ネットなどで千葉県の弁護士を検索してみましょう。

弁護士とひとくちに言っても得意な分野は異なります。
特にパワハラなど労働問題に強い弁護士を選べば、有益な情報が得られることでしょう。

公的な窓口へ労働相談をする

公的な労働相談窓口も利用しましょう。
こちらは無料で相談でき、もちろん相談内容の秘密は厳守されます。

地域ごとにいくつかの窓口がありますので、会社やご自宅からアクセスしやすい最寄りの地域の窓口を利用しましょう。

この窓口は千葉県在住者はもちろん、在勤者も利用でき、対面もしくは電話での相談が可能です。
千葉駅前の相談コーナーはフリーダイヤルも設置されていますので、電話もかけやすいですね。

ただし、これらの相談窓口は平日の17時までです。
休日や夜間の相談は受け付けていません。
なかなか時間が取れない場合は電子メールでも相談できますから、そちらを利用してもよいでしょう。

また、ハローワークは土曜日に開いている場合もあります。
ホームページなどをチェックしてみましょう。

転職活動をする

最後の手段はやはり転職です。
ハローワークや転職サイト、エージェントなどを利用しましょう。

一つのサイトやエージェントだけでなく、複数の所に登録しておくと、おすすめの求人を紹介される可能性が高まります。
千葉県内でも東京に近い場所にお住まいでしたら、都内の企業でも働けるチャンスがあります。
あまり細かい条件を出しすぎず、「興味のある業界だ」「受けてみようかな」という企業があれば、積極的にチャレンジしてみましょう。

同業への転職なら数年の勤務経験も活かせますし、異業種へのキャリアチェンジもじゅうぶん狙えます。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

上司からの理不尽なパワハラは本当に辛く苦しいものです。
とはいえ、後先考えずに勢いで辞めてしまうのはあまりにもハイリスクです。

まず専門家である弁護士に現在受けているパワハラを法的観点から見てもらいます。
その後は労働相談窓口で解決法を探ります。
それでもどうにもならない時の最後の手段として転職活動をしましょう。

このように冷静に現状を把握し、段階的に手順を踏んで行動することは、これから新しい会社で仕事をする上でも役に立ちます。

今回パワハラ上司のいる会社であなたが運悪くターゲットになり、パワハラを受けてしまったのは本当に残念なことです。

でも、そんな酷い上司のもとで無理して一緒に仕事し続ける必要はもうありません。

世の中にはとてもたくさんの会社がありますから、あきらめずに探してみましょう。
あなたに合った会社は必ずあります。

あなたが自分らしさを失わず、活き活きと仕事ができますように応援しております。