あなたの会社の上司は不平等に仕事を課したり、特定の誰かにだけ違う扱いをしていたりしませんか。
あなたの会社では普通の光景に見えていることも外から見たら「パワハラ」の可能性があります。

佐賀県では最近もパワハラ事件が新聞会社で起きています。
さらにこのように大きなニュースに取り上げられなくても、パワハラ問題は色々な会社の中で日々起きています。

パワハラ上司は見て見ぬ振りをしてはいけない、危険な存在なのです。

「とはいっても自分だけじゃどうしようもできない、、」
「相手は上司で自分は部下ということは反抗ができない」

などと思ってしまいますよね。
今回はそんなあなたがすぐに使うことができる3つのパワハラ対策をご紹介しようと思います。

弁護士に相談する

佐賀県にはたくさんの労働問題専門の弁護士がいます。
パワハラ問題は労働者の権利と義務を侵食されることで起きることなので、困ったら法律の専門家に相談しましょう。

しかし相談するといっても何人もいるとどの人に相談しようか迷ってしまいますよね。
そういう時はそれぞれの弁護士が挙げている条件から自分に合いそうな人を探して見ましょう。

条件は

・初回相談は無料
・深夜でも相談可能
・電話対応可能

など色々なものがあります。

さらに弁護士の事務所が色々なところにあります。
自宅からなるべく近い所に事務所を持っている弁護士に相談するようにしましょう。

公的窓口に相談する

弁護士に相談するのはちょっと金銭的にも会社の人間関係的にも嫌だな、という人は公的窓口を使うようにしましょう。
佐賀労働局では無料で労働問題の相談を受け付けています。

相談日に突然労働局に行くのもいいですし、電話番号もここに乗っているので一度行く前に事前に電話で詳しい話を聞いてみるのもおすすめです。
相談する窓口が、相談する内容別に分かれているので自分の悩みに一致するところに行ってみてください。

もちろん個人情報もしっかりと守られているので安心して無料相談することができます。

転職という選択肢もある

弁護士や公的窓口に相談するのも解決のためにはとても重要ですが、既に崩れてしまった労働環境や人間観顔がもう嫌だという人は転職をするようにしましょう。

転職する際には佐賀労働局にあるハローワークか転職サイトを利用すると良いでしょう。
もし今の仕事を一旦やめてから次の仕事に就くまで数ヶ月インターバルがあっても良いという場合は、自己都合退職で失業手当をもらいながらハローワークで職探しをすると良いでしょう。

ちなみに注意点として失業手当は退職してからすぐもらえるわけでは無いので気をつけてください。

さらに定期的にハローワークなどで職探しをしているという証拠を提示しなくてはいけないので結構めんどくさいです。

そんな面倒なことをするくらいなら転職をすぐする!という方は転職サイトに登録してエージェントに手伝ってもらいながら今よりも素敵な職場を探しましょう!

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

会社で少しでもパワハラの疑いがあるのならば今すぐに足を動かしましょう!

「誰かがどうにしてくれる」「しばらくしたら無くなるだろう」と思っている方、そんなことありません。

どの人も自分がパワハラの対象になることや、会社での立場が弱くなってしまうことを恐れてしまいます。
なので危険を感じたらまず自分1人で戦うんだと決意をしましょう。

そして

・弁護士に相談
・公的窓口に相談
・転職をする

この3つの中で自分がやりやすい方法で解決の糸口を見つけましょう。

1人で戦っている最中は心も身体もボロボロで辛いと思いますが、乗り越えた先には必ず自分の経験値として何か得ることができるのでここで諦めないでください。

今あなたが戦っている問題に意味のないことなど1つもありません。
心と身体が動かなくなってしまうまで耐えるのではなく、そうなる前にパワハラ上司を撃退しましょう。

あなたが快適な労働環境で働けることを心から願っています。