近年ではとこの県でもパワハラ事件が多発しています。
というのも国自体でパワハラについて取り締まりが年々厳しくなっているのでその効果もありパワハラが目につくようになったのかもしれません。

国も県も責任者も目を光らせてパワハラを起こさないように気をつけていますが、あなたの職場は安全ですか?
実際に富山県でも県全体でパワハラを対策をしていることがたくさんあります。

しかしどんなに誰かが目を光らせても、実際の問題は本人にしか対処できない部分も出て来てしまいます。
なので今回は自分で対処できるように実践型のパワハラ撃退法をお伝えしたいと思います。

まずは弁護士に相談!

パワハラってコレ!といった垣根は無くパワハラかパワハラじゃないかの境界線がすごく曖昧です。
なので自分でパワハラかも、と思って会社でパワハラだ!と騒いでも揉み消されてしまうこともあります。

そうならないために弁護士に相談してください。
さらに自分1人だけでどうにかするよりも、専門家に話して対処法を教えてもらったり手伝ってもらう方がよりスムーズにコトが進みます。

弁護士に相談する方法は簡単です。
インターネットで自分の家の近くの弁護士事務所の方を探し出して相談するか、電話相談のどちらかです。

相談するときの注意点は、弁護士によって挙げている条件が違うのでそこもしっかりチェックしましょう。

条件というのは、

・初回のみ無料相談可能
・電話相談可能
・女性相談員有り

のようなものです。

パワハラの相談はとてもセンシティブな情報になります。
なので相談するのならば自分のもとめる相談相手の像をしっかり決めてから相談するようにしましょう。

公的窓口も活用する!

パワハラに悩んだ時に頼れる所は弁護士だけではありません。
冒頭で述べたように富山県自体もパワハラ対策に力を入れているため県の公的機関に相談するという手段もあります。

県の公的機関とは県で運営しているホームページや国が運営している各県のホームページに相談窓口というものが設置されています。
それもウェブ上で探せばすぐにみつけることができます。

そこでは労働問題の相談を受け付けている無料相談窓口があるので、何かあったらここに駆け込みましょう。
電話番号も住所と一緒に記載されているので一度電話で相談したい内容について事前に聞いておくといいかもしれません。

公的窓口は一切お金がかからない代わりに、運営時間が限られています。
なので仕事でなかなか早く帰れない人だと、公的窓口に相談するよりも弁護士に相談した方が早いかもしれません。

転職をする

転職という手段もあることを忘れずに!
今まで説明した弁護士や公的窓口に相談する手段は会社に残りながらパワハラ上司を撃退するイメージですが、方法はそれだけではありません。

自分から嫌な職場を離れる「転職」という手段もあります。
パワハラで転職というときつい仕事に耐え切れなかった現代風の若者とネガテイブなイメージを世間から持たれることもあります。

その理由は体育会系の団塊世代がまだ社会から引退し切れてないというのが理由の1つです。
「忍耐力が無いと言われるのが、、」とネガテイブに思われる方、安心して下さい。

昔の固い風潮とは異なり、これからの日本の社会のあり方はもっと自由なものになります。
現在若者の起業家が増えているのもその自由な風潮の1つです。

なので「こんな会社こっちから辞めてやる!」というように転職を決意する勇気を持って下さい。

転職する際は転職エージェントがついている転職サイトに登録した方が事務作業が少なくすむので自分の負担が減ります。
なるべく自分の負担が少なくなるようなサイトを選んで転職先を探すようにして下さい。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

パワハラに悩んだら会社での立場や職歴よりも自分を守ることを最優先にして下さい。
自分がパワハラをなんとかしよう!と思うだけですぐに実践できる方法はたくさんあります。

その代表的方法は

・弁護士に相談する
・公的窓口に相談する
・転職をする

この3つです。

パワハラが起こる会社はその分隙がある会社なのでなんとかなるのを待たないで下さい。
パワハラに関しては先手必勝です。

一度しかない人生をストレスの溜まる環境で何時間も何ヶ月も何年も過ごすのはとても勿体無いことです。
パワハラを受けたらこの3つのどれかを実践して良い労働環境で働きましょう。