「会社で自分だけ激務すぎる」
「自分だけ上司からの当たりが強い」
「これってもしかしてパワハラなのかな?」

こんなことありませんか?

しかし

「パワハラってどこからどこまでがパワハラか分からないから強く反抗できない」
「上司ってどこの会社もこんなものなのかな」

なんて思うと右にも左にもいけない状態になってしまいますよね。

仮にパワハラではなかった場合、騒いでしまった分自分の立場や会社での居心地が悪くなってしまう不安もありますよね。

最近大分では警察でのパワハラが起きて、減給されるなどの事件がありました。
減給で済めばいいですが左遷や首なども勿論ありえます。

そのくらいパワハラとはやってはいけないことなのです。
今回はそんなパワハラを受けているがどうすればいいのか分からない人のために、今すぐに試して欲しいパワハラ撃退法3選をお伝えしたいと思います。

弁護士に相談する

弁護士は労働者の最大の味方です。
弁護士と聞くとハードルが高そうで相談していいのか迷ってしまいますよね。

しかし会社でパワハラをされて耐えているうちに心も身体もボロボロになってしまうのならば、今すぐに弁護士事務所に駆け込んでください。

大分には労働者問題を得意とする弁護士の方が何人もいらっしゃいます。
「初回相談無料」「電話対応可能」など色々な対応条件を上げているので、自分が話したいと思う人に相談するようにしましょう。

パワハラ問題は勿論個人情報も絡んでくるので、自分が話してて安心するかどうかというのも人に相談するならば必要な選定条件になります。

公的窓口に相談する

弁護士に相談するのはちょっと怖いという人には、公的窓口に相談するのがおすすめです。

公的窓口は誰でも相談のできる無料相談窓口です。
大分県にも多数設置してあり、場所によっては電話相談が可能なところもあります。

この相談窓口は公的なものなので、弁護士の時ほど時間に融通がききません。
会社でいつも夜遅くまで働いている方や、なかやか休みがとれない方にとっては少し頼りにくい機関だと思います。

公的窓口の利点は、お金がかからず個人情報保護もしっかりしているのでなんでも自由に聞けますし相談できます。

利用できる方は公的窓口を利用して自分が有利になる情報収集をここでしてみましょう。

転職をする

「相談なんかしているうちに身も心もボロボロになってしまう」という方は今すぐに転職の準備をしましょう。

就業中に探すのでは身体がもたないという人は、労働基準法で退職の2週間前に退職届を提出すればやめることはできるので、その2週間だけ耐えてそのあとゆっくり職を探すでも良いと思います。

「2週間前に出して退職したいけど、仕事の引き継ぎや色々とやらないことがあるから、、」と悩んでしまう方は、まずあなたはいまパワハラを受けているという現実を忘れないようにして下さい。

もちろん他に残る社員のために仕事の引き継ぎなどは円滑に終わらせたい気持ちもわかります。
しかし自分を犠牲にしてまでやる事ではないので、一番に考えるべきは自分ということを念頭において下さいね。

いま転職サイトはとても充実していて、エージェントが転職の斡旋をしてくれるので全て自分でやらなくても大丈夫になりました。
履歴書を色々な企業に送ったりする手間は全てやってくれるので就業中でも安心して転職先を探すことができます。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

パワハラを受けたらまずは最優先に自分の身を守ること!これを忘れないで下さい。

自分の身を守る方法として

・弁護士に相談する
・公的窓口を利用する
・転職をする

この3つが挙げられます。

この3つはパワハラから自分の身を守れますし、パワハラを撃退することもできます。
しっかりと自分が有利になる体勢を作ることを心がけて下さい。

いままで数年間お世話になった職場でも自分の身が危ないとなったら周りのことを気にすることはありません。

自分の働きやすい環境を自分で手に入れることも重要です。
自分の環境は自分の力で整えることができるので、パワハラに屈せず今ぶつかっている壁に打ち勝ちって下さい。