三重県のパワハラ事件をニュースなどで見たことはありますか?

三重県ではパワハラのニュースは多く、パワハラのせいで適応障害になり休職や退職になってしまった方や自殺をしてしまった方もいらっしゃいます。

あなたの会社は大丈夫でしょうか。

パワハラといってもニュースのように表に出る事件もあれば、それ以上に表に出ない事件もたくさんあります。
ではそのパワハラから自分を守るためにはどうすればいいのか、と不安になりますよね。

今回はそんな悩みをお持ちの方にピッタリな「三重県でできるパワハラ護身法」をお伝えしたいと思います。

三重県の弁護士に相談する

弁護士に相談するのが自分の身を守るために最短のルートになります。

パワハラは酷いものだと賠償金などの話が出てきたりと、法律ととても密接なものになります。
ということは法律に詳しい弁護士に相談して、対処方法のアドバイスを貰えれば百万力です。

弁護士に頼むときは自宅から近いところに弁護士事務所がある人か、電話相談が可能な人を選ぶようにしましょう。
何かあったときにすぐ頼れる所にいる人の方がなにかと便利になります。

労働者には労働者だからこそ認められている権利や義務があるので、その義務と権利をしっかりと理解しておくようにしましょう。
会社だからといって上司が偉い・絶対であるとは決まってません。

なので弁護士に頼ることは一番理にかなっている方法にもなります。

公的窓口に相談する

もし弁護士に相談するのはハードルが高くて少し怖いと思う人は、三重県の公的窓口を使ってください。
公的窓口とは誰でも使うことのできる機関です。

運営しているのは三重県の労働組合総連合や厚生労働省の方達なので、センシティブな情報もしっかりと守られ安心して利用することができます。
最初から無料相談ができるのでお金がかかることもありません。

三重県の労働組合総連合がやっている「みえ労連」というサイトには、パワハラに関する悩みにすぐ使えるQ&Aコーナーもあるので相談する前に一度見てみると参考になると思います。

転職をしてしまう

正直パワハラが辛すぎて弁護士に相談したり公的窓口に電話する気力すら残っていない方は、今すぐに転職してしまいましょう。
転職という選択も立派なパワハラ対策の手段です。

誰かに相談してから対策を打つというのは、どうしても時間がかかってしまいます。
その時間すら惜しい場合はすぐに退職届を提出し、その期間にスピード転職活動をしてしまいましょう。

基本的に退職2週間前に退職届を出せば会社を辞められるとなっているので、いっそ辞めてしまってからゆっくり転職でもいいと思います。

もちろん会社に所属しながら転職エージェントシステムを使って、無職期間ができないやうに活動することも可能です。
転職のタイミングは自分の気力や体力と相談しながら、一番いいタイミングのものを選ぶようにしてください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

パワハラに困ったらまず

・弁護士に相談
・公的窓口に相談
・転職をする

の3つのパワハラ護身法のどれかを実行しましょう。

一番良くないのは、どうにかなることを祈りながらパワハラを受け続けることです。

パワハラが自然に無くなることは滅多にありません。

さらに周りの人も巻き込まれるのが嫌だと思い手を貸してくれることは少ないです。
なのでパワハラを受けたら「自分で戦うんだ」という気持ちを忘れないでください。

もちろん戦うのはひとりですが、頼れる公的機関や場所は三重県内にたくさんあります。
そもそも心が病んでしまったり自殺してしまったら、これから先働くことも生活することも大変になってしまい叶わなくなってしまいます。

なのでしっかりと自分の心と身体の状態を確認しながら、無理のない状態で最善の手段を実行するようにしましょう。

これから先あなたがパワハラのない環境で働けることを応援しています。