あなたの会社は安全ですか?
最近どこの県でもパワハラ事件が起きていて香川県でも起きています。

起きる場所は会社であったり学校であったりと様々です。
このようにパワハラをしてくる上司はどこでどのように出現するか分かりません。

そんなパワハラ上司対策をあなたは知っていますか。

パワハラは放置すればするほどエスカレートし、身体はもちろんのこと自分でも気づかないうちに心がストレスで浸食されてしまいます。

今回はパワハラから心と身体を守るための「すぐ使える香川県パワハラ防衛方法」を3つご紹介したいと思います。

弁護士に相談する

会社では上司が偉く部下は上司よりも下の存在だと思います。
しかしそれは「会社」というコミュニティーでみた時の構図です。

これを「社会」としてみた時にあなたは部下ではなく上司と同じ「労働者」になります。
普段会社の構図での上下関係に慣れてしまうと忘れがちですが、この「労働者」には法律で定められた権利と義務が存在します。
この権利と義務は働く者がみな平等に与えられ定められたものなので自信をもって使うことができます。

そしてこの権利と義務を使うための強い味方になってくれるのが弁護士なのです。
法律側の問題は法律の専門家にお願いするのが一番頼りがいもありますし、対処も早いです。
普段私たちが生活しているだけでは知らない知識を必ず持っているので、堪え難いパワハラを受けたらすぐに弁護士に相談しましょう。

皆同じ弁護士といっても

・初回無料相談可能
・電話対応可能
・深夜対応可能

などそれぞれ挙げている条件が違います。

香川県にも労働問題を専門とした弁護士がたくさんいるので、自分の相談したい条件と合う方を探してみてください。

公的窓口に相談する

最初からお金を払って行動するのは金銭的問題があってできない場合は、公的窓口を使用しましょう。

公的窓口とは厚生労働省や香川県労働委員会などがやっている公的相談窓口です。
こちらは公的相談の窓口なのでお金はかかりません。

基本的に無料相談で窓口に行き相談を聞いてもらうというものです。
相談コーナーは数カ所ありますので、自分のご自宅から近い住所の場所を選んでまずは事前に電話をしてみて下さい。

ただ公的窓口の注意点は、弁護士相談と違って公的にやっているものなので、窓口の空いている時間が普通の社会人が働いている時間と被ってしまいます。

パワハラ環境下で相談に行くのはなかなか難しいかもしれませんが、時間を作れそうな場合は活用して下さい。

転職をする

「もともと辞めようか悩んでいた」という人もいると思います。
その場合はもう相談などせずに転職を決意してしまっていいと思います。

やっと社会人歴2.3年目になったのに勿体ない気がしてしまうこともあると思います。
しかし一度パワハラ環境が起きた会社に残るというのは、この先に不安や心配要素がとても残ってしまうのでおすすめしません。

せっかく1日のうち7,8時間も働くならば自分が安心できて、ストレスの極力少ない労働環境で働いた方が絶対に良いと思います。
現在は在職中でも転職活動ができるように、転職者に負担の少ないシステムの転職サイトが多く存在します。

そのような転職サイトを活用して、今すぐに自分のいきたい他の会社を探してみてください。
今の職場以外でも、やれる仕事や新たにチャレンジできる仕事は他にもたくさんあると思います。

その新しいチャンスを掴む一歩として、前向きにトライしてみてください。
そうすれば転職を憂鬱と思う人も、少し楽しく感じられるかもしれません。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

社会人になると「一人立ち」や「一人前」というイメージがありますよね。
それは金銭面や生活面ではもちろん「一人で戦うことができる」という意味もあります。

立派な社会人として労働者になったということは、権利と義務の元に生きているのと同じです。
なのでパワハラ上司と対面してしまった場合はこの権利を使って自分をしっかりと守りましょう。

その防衛方法は

・弁護士に相談すること
・公的窓口に相談すること
・転職をすること

この3つがあります。

ここで勘違いしないで欲しいのが「一人で戦える」とは「一人だけで全てなんとかする」という意味ではありません。

頼るときは周りの人や機関を存分に頼ってください。
しかし戦う主体はあなた一人なので、「誰かになんとかしてもらうまで待つ」ことは絶対にしないで下さいね。

パワハラ上司の元で働くことは身体的にも精神的にもとても辛いことです。
だからといって何もせずどうにかなるのをじっと待つのではなく、自ら行動して新しい環境を勝ち取りにいってください。

この防衛法の3つのうち自分に合う手段を是非使ってください。
今は辛いと思いますがこの体験や経験は必ずこの先自分の自信や糧になると思うので、心まで諦めないでくださいね。

諦める前にこの3つのどれかをまず試すために足を一歩動かしてください。