あなたの会社はパワハラ問題起きていませんか?
または、あなたはパワハラの被害を受けていませんか?

もしこのどちらかが当てはまってしまった場合は今すぐにパワハラ対策を行ってください。
実は昔から高知県はとても熱心なパワハラ対策を行っています。

厚生労働省が労働関連の会議を行ったり、パワハラ防止のためのテキストを配布したりととても現実的な対策も行っています。
こんなにも熱心な対策を行っているにも関わらず、今年に入ってからまたパワハラ被害による自殺者がでてしまいました。

ここから分かることはどんなに県全体でパワハラ防止を唱えて実行しても、パワハラを受けている人たちが自発的に防衛法を行わないと結局危険に晒されてしまうということです。

高知県はパワハラに対する取り組みがとてもしっかりしていますが、それでも守れない部分というのは出てきてしまいます。
なので今回は自分で自分を守るために、誰でもできるパワハラ自己防衛法をお伝えしたいと思います。

弁護士を探す

パワハラは立派な犯罪になるので、法律の専門家である弁護士にまずは相談してみましょう。

弁護士というとあまり身近ではないので、どう相談すればいいのか分からないと思います。
インターネットで探せばパワハラを専門にしている弁護士の方たちのサイトがでてくるので、そこから自分に合う弁護士を探してみてください。

・休日でも相談可能
・夜間対応可能
・初回相談無料

など色々な条件を挙げている弁護士がいます。

会社の仕事が激務すぎて時間が取れない人は、一日だけでもいいので気を振り絞って夜間対応可能の弁護士に相談してみてください。
注意する点は、最初から無料相談を受け付けていない人もいるため、料金体系だけは最初にあらかじめチェックしておいてくださいね。

公的窓口に電話をする

「弁護士まで大事にしたくないからいいや、、、」という人は公的窓口を活用してください。
高知県の労働局や高知市の労働相談会など探してみるとたくさんあります。

これは弁護士のようにお金がかかるものではないので誰でも気軽に相談することができます。
制限があるとしたら、夜間対応などはしていないため、時間が合わないと相談できないという点です。

ちなみに高知県庁のホームページにいくと、パワーハラスメントについて県で抗議された内容の会議資料などが見れるようになっているためこちらも知識としては活用できます。
とにかく相談!という人は公的窓口の電話相談を利用しましょう。

転職する決意をする

何をしてもダメな場合は転職をする決意をしましょう。

もちろん弁護士に相談してパワハラ上司を遠ざけたり、公的窓口で相談して何らかの対処法を教えてもらうのもパワハラ対策の1つです。
しかしどんなにこちらからアクションを起こしても自分が思う通りにいかない会社というのも必ずあると思います。

そういう場合は、相手が変わるのを待つよりも自分から違う場所に行ってしまったほうがとても効率的です。
やっと数年経って慣れてきた職場を離れるのは辛いと思いますが、今居る職場よりももっと良い職場があると思ってください。

パワハラ上司がいる会社は、パワハラができる隙があるということです。
転職自体は転職サイトや転職アプリに登録してしまえば簡単に仕事は探せますし、履歴書を企業に送るのも簡単です。

最初に登録だけしてしまえばあとの大半はネット上のやりとりで完結してしまいます。
さらにエージェントといって仲介役をしてくれる人もいるので、就職の時に自分がやっていた履歴書を送ったり面接のアポイントを取ったりする作業を全てやってくれます。

転職!と躍起になるのではなく、まだ他の可能性のある違う会社を視野に入れるという気持ちでまずは転職サイトを見てみるのもおすすめです。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

国や県や会社がどんなに頑張っても隙はできてしまうものです。
その隙に発生したパワハラ上司から自分をどのように守るのかということがとても大切になってきます。

対策として

・弁護士を探す
・公的窓口を探す
・転職先を探す

この3つが誰でも簡単にできる対策法です。

上から順番に1,2,3としましたが自分が一番やりやすい順番や方法から試してみてください。
上司からパワハラを受けていて精神的にも辛く、他のことを考えるために割く時間もそれほど無いと思います。

だからといって誰かが助けてくれることを待たないでください。

待っているうちにストレスから鬱になり、生きる気力を失ってしまいます。
そうなってはもう働くこともできなくなりますし、なによりあなたの人生がとても勿体ないです。

パワハラ上司の下では押しつぶされてしまうあなたの能力も、パワハラ上司を遠ざけたり他の会社に行けば必ず発揮できます。

あなたには素敵な可能性があります。
その可能性を存分に発揮するために、この3つの対策法を今すぐ実行してパワハラ環境を撃退しましょう!