パワハラをすぐに抜け出したい。
職場の上司やお局様など、パワハラを受けている人はたくさんいます。

けれど、パワハラを我慢しているだけでは、何も解決しません。

私も職場の上司に嫌がらせを受けていた時期がありました。

・些細なミスをアラ探しされては、同僚の前で叱られたり
・上司が言った通りのやり方でないと、そもそも資料を見てもらえない

など、とにかくダメ人間のレッテルを貼られまくりました。
今は別の会社で働いています。
パワハラ上司もいないですし、とても働きやすい職場です。

ここでは、

「今パワハラに苦しんでいる人が、今すぐパワハラ抜け出すためにはどうすればいいか?」

私の経験をもとに紹介します。

パワハラを受ける原因

パワハラを解消するためには、まずは問題の原因を探ることが大切です。
なぜなら、パワハラが起こっている原因を取り除いてあげると、パワハラはなくなるから。

パワハラを受ける原因は、「自分」と「相手」にあります。
片方ずつ順番に原因をみていきましょう。

パワハラの原因『自分編』

パワハラを受けやすい人って確かにいます。
パワハラを受けやすい人の特徴をひとことで表すと、

「相手のプライドを傷つける言動」

をしているといえます。
たとえば、上司が部下にパワハラをしていると想像してみてください。

・頭がよくて仕事ができる部下
・頭が悪くて仕事ができない部下

のどちらがパワハラしやすいと思いますか?
実は、頭がよくて仕事ができる部下のほうがパワハラを受けやすいのです。

なぜなら、自分よりも能力が高い部下を持った上司の中には、コンプレックスを持つ人がいるからです。
自分が一番偉いということを誇示するために、上司という特権を利用してパワハラで無理やり部下を従わせようとします。

逆に、頭が悪くて仕事ができない部下は、そもそもパワハラの対象になりにくいです。
理由は、上司が自分が偉いということを誇示する必要がありません。

仕事ができないと職場の風当たりは悪いですが、パワハラの攻撃対象にはなりにくといえます。

職場で自己主張しないのがパワハラ防衛法

パワハラを受けにくいようにするためには、パワハラ上司に目をつけられないようにするのが、まずは最初の自己防衛といえます。

上司の顔を立ててあげて、敬意をしめしておけば、パワハラは受けにくいでしょう。
人間って自分に好意を抱いている人を嫌うことはできませんので。

パワハラの原因『相手編』

自分の上司に対する接し方を変えるだけで、パワハラをある程度防ぐことはできるでしょう。
ただし、自分で努力できるのはこの範囲までです。

なぜなら、パワハラをする上司って、そもそも性格が異常にひねくれている人が多いからです。

そもそも人の上に立つ器でもないのに、会社からそれなりの地位を与えられてしまった。
会社で昇進するのは、実績を上げた人です。
けれど個人で仕事をする能力と、部下をマネジメントする能力は全く違います。

小学校から大学まで、リーダーなんてやったことをなかった人が、いきなり会社でマネージャーを務めてもうまくいきません。
そういう人って、自分の能力を基準に、相手を評価してしまうんです。

パワハラをする上司というのは、

「個人で仕事をする能力が高いけど、人間としては未熟な人」

です。

上司が原因のパワハラは抜け出すことができない

上司が性格的に問題がある場合は、誰もがパワハラを受けるリスクがあります。
なぜなら、上司が仕事において優秀であるほど、周りの部下がみんなバカで仕事ができないヤツに見えるからです。

上司が圧倒的に仕事ができる人なら、仕事が上司よりもできるようになるのもほぼ無理です。
会社の中には、ある業務に関して圧倒的な経験と才能を持っている人っています。
才能がある人が、20年くらいかけて身につけた能力を、普通の能力の人間が1〜2年で追いつくのは難しいでしょう。

努力はしているのに、パワハラからどうしても抜け出せないと苦しんでいる方は、上司が原因といえます。

パワハラの解決策は「上司から離れる」こと

上司と一緒の職場にいる限り、パワハラはなくなりません。
なので、パワハラを抜け出すためには、パワハラの相手と離れて仕事をする必要があります。

具体的な方法は2通りあります。

・部署の異動をお願いする
・退職して別の仕事を見つける

どちらか一方でもできれば、パワハラは根本的に解消できます。
以下に詳細を解説していきます。

まずは部署異動をお願いしてみる

最も理想は、会社を辞めずにパワハラ上司から離れることです。
そのためには、人事部に異動の相談をしてみましょう。

会社によりますが、人事より直接注意をしてもらうことで、上司のパワハラがなくなった事例もあります。
人事が会社の評価を決めるので、上司であっても簡単に逆らえません。

部署異動のデメリット

部署異動のデメリットは、とにかく時間がかかることです。
会社って大きくなればなるほど、コロコロ人を入れ替えることはできません。

大きな人事異動は1年に1〜2回がせいぜいでしょう。
パワハラはどの職場でも起こりうることですので、パワハラを理由にすぐに人事異動をしてくれるわけではありません。

パワハラに耐えられない頼りない人間と見られてしまったら、職場を変えることはできても、会社での出世は見込めなくなるかもしれません。
それだけ、会社はマイナス評価には厳しいんです。
一度ダメ社員のレッテルを貼られると、会社にいる限り変わらないまま。

同期がどんどん出世していく中、自分だけが地位の低いまま取り残されてしまうかもしれません。

キャリアアップを目指すなら転職一択

キャリアップを目指すなら、転職一択といえます。
全く評価されない今の職場で頑張るよりも、自分が合いそうな仕事でイチからやり直したほうが、得られる学びも多いでしょう。

大学を出たばかりで、社会のことが全然わからない状態では、自分にピッタリの仕事が選べるわけありません。
実際に働き始めたら、イメージと違ったことなんてたくさんあるでしょう。

今は転職する人も増えていますので、まずはどんな仕事があるのか調べてみるといいでしょう。

おすすめは転職エージェントを利用すること

転職するといっても、今の仕事をすぐに辞めるのはおすすめしません。
収入がなくなると、焦って条件の悪いところに再就職してしまうかもしれないからです。

問題は、今の仕事を続けながらだと、転職活動の時間が取れなくなることです。
そこで、転職エージェントに登録して、自分にあった仕事があれば紹介していただく形がいいでしょう。

以下では、初めて転職する方におすすめの大手転職エージェントを3つ紹介しています。

1位.DODA(デューダ)

DODAは高収入な求人が多いことで有名です。
大手企業からベンチャーまで幅広く求人があります。
転職を考えるなら、まずは登録しておくべき転職エージェントといえるでしょう。

DODA(デューダ)を公式サイトで確認する→

2位.マイナビエージェント

転職といえば、マイナビも外せません。
非公開求人が豊富で、条件のいい求人を紹介してくれます。
担当者からのサポートも手厚く、初めてでも安心して転職できます。

マイナビエージェントを公式サイトで確認する→

3位.パソナキャリア

担当者からしっかりサポートを受けながら転職したいなら、パソナキャリアもおすすめです。
ただし、求人数がやや少なめなので、DODAやマイナビエージェントなどの転職エージェントと合わせて登録しておくといいでしょう。

パソナキャリアを公式サイトで確認する→

転職エージェントは複数登録しておく

転職エージェントによっても、持っている求人が異なります。
担当者との相性によっても、転職の成功確率が変わります。

限られた時間で、条件のいい求人を効率よく探すなら、まずはDODA(デューダ)マイナビエージェントパソナキャリアの3つには最低登録しておきましょう。
人気の案件は、すぐに埋まってしまうので、早めに行動しておいたほうが有利に転職を勧められます。

転職理由はポジティブなものにすること

転職を成功させるポイントは、パワハラをポジティブな経験として語るということです。
パワハラは辛いことなので、つい内容がネガティブになってしまいますよね。

けれど、採用する会社の立場を考えてみてください。

「前の会社でパワハラを受けたから、御社に行きたいです」

なんて言われたら、採用したいと思いますか?
採用担当者は、会社にメリットのある人材が欲しいんです。

だから、これまでの職場経験からアピールできそうな強みを整理していく必要があります。

はじめて転職するときは、自己分析が難しいです。
なので、転職エージェントの無料コンサルを受けて、自分の適正を相談するのがおすすめです。

担当者のサポートを受けながら転職活動したほうが、成功確率も高まります。

若いときほどキャリアをやり直せる!

初めての転職は勇気がいることです。

けれど、このままパワハラを受け続けて消耗していってしまったら、あとで取り返しのつかない状況になることも。
時間は取り返すことができません。

一番若くてエネルギーのある今のうちに、行動してみてください。

おすすめ転職エージェントを確認する↑