最近テレビでもよく聞くようになった「パワハラ」という言葉。
自分には無縁だと思っている方も多いかもしれませんが、実はパワハラって意外に身近なものなんです。

特に大都会から離れた田舎には、今でも閉鎖的な考え方の根付いた地域が少なくありません。

もちろん岩手県も例外ではなく、自分の住む岩手県では「当たり前」のことであっても、全国的には「パワハラ」として扱われるケースも少なくないんです。
上司や先輩にキツく当たられても「このくらい岩手じゃ当たり前だから…」と我慢してしまうのは、すでに時代遅れの考え方なんです。

そこで今回は、上司や先輩からパワハラを受けたときにすべきことを3つご紹介します。
パワハラを受けている岩手県民のみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

弁護士に相談してみる

パワハラを受けたときにすべきことはいくつか考えられますが、相手に最もダメージを与えることのできる対処法のひとつが「弁護士への相談」です。

閉鎖的な地域では「上司が部下に厳しいのは当たり前!」と横暴な態度をとってくる人も少なくありませんが、彼らは自分の悪行を「当然」だと考えているため、まさか部下に訴えられるとは夢にも思っていません。
部下が弁護士に相談したということを知れば、冷水を浴びせられたように大人しくなる上司もいることでしょう。

弁護士に相談するというのはハードルが高く感じるかもしれませんが、実はそこまで重く考えなくても大丈夫です。
確かにお金はかかってしまいますが、弁護士というのは絶対的な相談者の味方です。

パワハラを受けていると気が小さくなり「会社に迷惑をかけてしまうかも…」と思ってしまうかもしれませんが、気にする必要なんてないんです。
そもそも上司が部下にパワハラを行うことにメリットなんて一つたりともありません。

むしろパワハラ上司を懲らしめることで仕事がスムーズに進むのなら、弁護士への相談は会社にとっても大きなメリットになるはずです。

公的な窓口に相談する

弁護士に相談するのはちょっと気が引ける…という方もいるでしょう。
その場合は、ちょっとだけハードルを下げて「公的な窓口への相談」を検討してみてはいかがでしょうか?

まだまだ世に浸透していませんが、実は日本にはパワハラの相談を受け付けてくれる公的な機関がいくつもあります。
岩手県庁が運営するホームページにもちゃんと「(パワハラが解決しない場合は)労働組合に相談することや、労働委員会や労働局、法務局などによる紛争解決制度を利用すること」と明記されているんです。

岩手県には「岩手労働局総合労働センター」を始め、県内に8ヶ所の総合労働相談コーナーが設けられています。
これらの機関は電話一本でパワハラに関する相談を受け付けてくれるので、気軽に心の悩みを打ち明けることができます。
もちろん相談料がかかるわけではありませんので、弁護士に相談すべきかどうかという相談も含めてまずは電話してみるとよいでしょう。

転職する

パワハラを繰り返す嫌な上司とキッパリ別れたいなら、思い切って転職してしまうのもひとつの手です。
実際、パワハラを受けるうちに転職を考え始めたという方も少なくないのではないでしょうか。

酷いパワハラを受けている人のなかには「ここで辞めたら逃げたってことになる…」なんて思考に陥ってしまう方もいます。
しかしこの考え方は非常に危険で、逃げたくないなんて思いだけでパワハラによるストレスを受け続けると、いずれひょんなことで心が壊れてしまいかねません。

ハッキリ言ってパワハラは単なる暴力であり、理由なき暴力からは逃げるのが生物として正しい判断なのです。

そもそも相手は平気でパワハラをするような、他人の心の解らない人間です。
仮にあなたが逃げずに立ち向かったとしても、反省したりパワハラをやめたりするような優れた判断のできる人間ではありません。

そんな人と関わっていても損が続くだけなので、ダメージが蓄積する前にとっとと辞めてしまうのは「逃げ」ではなく「英断」だといえるでしょう。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

岩手でもパワハラ撲滅の気運が高まっている!

残念なことに、岩手県でもパワハラの被害は増え続けています。
実際には増え続けているというよりも、ようやく「パワハラが認知され始めた」だけなので、まだしばらくは被害報告が増え続けることでしょう。

この記事を読んでいるアナタが岩手県でパワハラに悩んでいるとしても、決して苦しいのは自分だけだと絶望しないでください。
パワハラという概念が広く認知され始めたことで、岩手県でもパワハラ対策を進める企業が増え始めています。
今まさに、岩手県でもパワハラを無くそうという運動が盛んになってきている最中なのです。

自分で解決することが難しいと思ったら、岩手県の公的な機関に相談するところから始めてみてください。
きっと、アナタのパワハラを解決するために大きなヒントをくれるはずですよ。