勤務先の上司の態度に疑問を抱いたことはありませんか?
明らかに自分にだけ高圧的だったり、指示通りにやったのに怒られたり、有給を取ろうとしたら激怒されたり…
そう、いわゆる「パワハラ」というやつです。

日本人には昔からパワハラを我慢する文化がありました。
昔から寡黙で我慢強い方の多い宮城県民も例外ではなく、上司から酷いパワハラを受けても何も言わずこらえる方が少なくありません。
苦境を我慢するのは確かに宮城県民の美徳かもしれませんが、パワハラを我慢する必要なんてないんです。

パワハラ上司は我慢して放置すると付け上がってどんどん調子に乗ってしまいます。
問題を解決するために、宮城県でパワハラを受けている人たちは今こそ立ち上がり、パワハラに徹底対抗してほしいのです。
そこで今回は、宮城県でパワハラに悩んだときにすべき3つのことについて詳しく解説していきます!

酷いパワハラなら弁護士に相談しよう

パワハラの程度にもよりますが、明らかに上司のパワハラが酷いと感じたら思い切って弁護士に相談してしまうのが効果的です。
暴力や暴言があったときにはもちろん、無視やえこ贔屓といった「仕事をやりにくくする嫌がらせ」のような行為もパワハラに含まれます。

程度というのはパワハラの内容よりも、自分がどれだけ傷ついたかという主観で判断して構わないでしょう。

いくらなんでも弁護士に相談するのは大げさすぎる…と思ってしまうかもしれませんが、そもそもパワハラは犯罪行為に当たるケースもあるのです。
弁護士に相談することで、パワハラの内容によっては高額賠償金が支払われたり、パワハラ上司を会社から追いやることも可能なのです。

ですからパワハラを受けている側が「大げさすぎる」なんて考える必要はありません。
弁護士を介すことで、そもそも「自分のしたことは大げさな犯罪だったんだ」と上司に分からせてあげましょう。

公的な機関に相談することもできる

宮城県には、パワハラの相談を受けてくれる公的な機関が存在します。
厚生労働省直轄の「総合労働相談コーナー」が宮城県内に7ヶ所あり、電話でパワハラの相談に乗ってくれます。
パワハラを受けていると冷静な判断ができなくなってしまいますが、専門の相談員に話すことで正しい対処法を教えてくれることでしょう。

また、弁護士に相談するかどうかを迷っているときには「法テラス」に相談するのもオススメです。
法テラスはオペレーターが法的トラブルに対する相談に乗ってくれるダイヤルで、パワハラに関する相談にも親身に応じてくれます。
その場で法的判断をしてくれるわけではありませんが、パワハラの内容が酷いと判断された場合は数ある相談窓口の中から適切な窓口を教えてくれるので大変便利です。

思い切って転職する

いっそのこと、パワハラ上司から離れてしまうというのも良い対処法です。

いくら横暴な態度を取る酷い上司でも所詮は会社員に過ぎませんから、その会社さえ離れてしまえば関わらずに済むようになります。
辞めても連絡を取ってくるような上司がいるかもしれませんが、辞めてしまえば会社とは無関係ですから、迷惑行為が続くならサクッと警察に連絡することができるようになります。

今さら転職するのはキツイ…と悩む方も多いかもしれませんが、今後一生パワハラを受け続けることに比べれば転職なんて軽い障害だと思いませんか?
最近は求人倍率も上がってきましたし、探せば宮城県内にも良い仕事はたくさんあるはずです。

ネットを使えば簡単に求人情報を取得できるようになった現在なら、思い切って宮城県外の仕事を探してみるのも悪くありません。
社内でパワハラを解決するのは一苦労ですが、実はほとんどのパワハラは転職ひとつで解決できますので、転職を重く考えず気楽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

パワハラを我慢する必要はない!

ここまで宮城県でパワハラに悩んだときにすべき3つのことをご紹介してきました。
端的に言いたいのは、「パワハラを我慢する必要なんて全くない!」ということです。

弁護士に相談する・公的機関に相談する・思い切って転職する…と、軽く挙げただけでもパワハラにはこれだけの解決法が存在します。
何も対策を講じなければなかなか解決しないパワハラは厄介な問題ですが、実はほんの少しの勇気で状況を大きく改善することが可能なのです。

いくら我慢強い宮城県民だからといって、パワハラを受けてじっとこらえている必要はありません。
勇気を出してパワハラ上司との決別を図れば、きっと輝かしい未来が待っているはずですよ。