東京にもほど近い神奈川県には、全国各地から色々なタイプの人が集まってきます。
地方から移り住んできた人が多い土地だけに、会社内でもそれぞれの考え方の違いによるトラブルが絶えません。
同じ立場で議論できるならまだしも、上司と意見が食い違ってしまったせいでパワハラの原因になってしまうことも…

このような経緯もあり、神奈川県は全国と比べても決してパワハラの少ない県とはいえません。
しかし近年、神奈川県では黒岩祐治県知事によって直々に「ハラスメントのない職場づくりを神奈川県から」という運動が始められました。

まだまだパワハラ撲滅にはほど遠い状況ですが、少しづつパワハラ撲滅運動が進んでいることも事実なのです。
そこで今回は神奈川県の公式ホームページでも公開されているパワハラへの対処法を参考にして、神奈川県でパワハラに悩んだときにすべき3つのことをご紹介したいと思います。

もしもアナタが今パワハラに悩んでいるなら、勇気を持って神奈川県のパワハラ撲滅運動に参加していただければ幸いです。

まずは弁護士に相談を

職場のパワハラをなくすために有効な手段のひとつが「弁護士への相談」です。
パワハラくらいで弁護士に相談するなんて…と感じる方もいるでしょうが、今日本ではパワハラに関する弁護士への相談件数が急激に増えてきているんです。
弁護士にとっても、今やパワハラ関連の相談を受けることなんて日常茶飯事なので、あまり気負わずに相談してみるとよいでしょう。

弁護士に相談するというとすぐに裁判を連想するかもしれませんが、パワハラで弁護士に相談したからといって必ずしも裁判に持ち込まれるわけではありません。
効率的な解決策をアドバイスしたり、依頼者の代わりにパワハラ上司と話し合いを行ったりするのも弁護士の仕事であり、裁判を起こさないにしても「強い味方」になってくれます。

パワハラを行っていた上司も「これで逮捕されることになったら取り返しがつかない」と感じる場合が多いので、穏便に解決策を図ることもできるのです。

弁護士事務所に直接行ってもいいですし、ネットで検索すれば神奈川県内のパワハラに詳しい弁護士さんを探すこともできます。
多少お金はかかってしまいますが、弁護士を介せばパワハラの解決はグンと進展するはずですよ。

公的な機関に相談することも可能

誰かに相談したいけど弁護士を雇うほどのお金がない…という方は、公的な機関に相談してみましょう。
実はこの方法、神奈川県の公式ホームページで推奨されているパワハラ解決策のひとつでもあるんです。

パワハラの相談に乗ってくれる公的機関は全国各地にありますが、神奈川県の場合「かながわ労働センター」に連絡するとよいでしょう。
かながわ労働センターは神奈川県内に4ヶ所あり、横浜・川崎支所・県央支所・湘南支所に分かれています。
どこに電話しても構いませんが、迷ったら住んでいるところか職場に近いところを選びます。

ここに電話すると、専門の相談員がパワハラをはじめとした労働に関する悩みの相談に乗ってくれます。
パワハラへの対処法を教えてくれたり、ちょっとしたカウンセリングを行ってくれるので一人でパワハラに悩んでいる方にはかなりオススメです。

弁護士に依頼するのと違い、相談費用もかからず神奈川県内で働いている人なら誰でも気軽に利用できるのも利点ですよ。

転職が一番の解決策になることも

パワハラを行うような上司からは離れるのが一番、という考え方もできます。
今の仕事に愛着を持っているという方には辛いかもしれませんが、最終的には転職するのが最も効率的な解決法になるのです。

もしかするとパワハラを受けている人は、「転職しても次の職場でまたパワハラにあうかも…」と疑心暗鬼になっているかもしれません。
パワハラという卑劣な行為は、そう思い込ませるほどに人の心を傷つけてしまうものだからです。

しかし弱気になる必要はありません。
確かに次の職場が理想の職場になると断言することはできませんが、転職すれば少なくとも「今アナタを苦しめている上司」からは離れることが可能なのです。
転職はパワハラから抜け出すためのスタート地点であっても、絶対的にマイナスになるということはないのです。

今の時代、ネットを使えば神奈川県の求人情報はいくらでも出てきます。
一時期叫ばれていた「就職氷河期」はとうに過ぎ去っていますので、自分で心配しているよりは意外なほどすんなり転職できてしまうものですよ。

色々な対策を講じてもパワハラを解決できないと感じた場合、最後の手段としてでも良いので転職のことを頭に入れておいてください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

一人で悩まず相談を

恐ろしいことに、日本では毎月のようにパワハラ被害によって自らの命を断つ人がいます。
昔気質の上司たちはパワハラを軽く見てしまう傾向にありますが、実際のところパワハラは人間の命をも奪いかねない卑劣な行為なのです。

しかし神奈川県では、そんなパワハラを撲滅するための運動が活性化してきています。
知事自らが声明を上げたことをきっかけに、神奈川県庁でもパワハラ被害にあった人を救うための努力を続けられています。

神奈川県でパワハラに悩んだら、決して一人で悩まず誰かに相談してください。
弁護士でも、公的機関でも、気恥ずかしければ家族に相談するところから始めても構いません。

パワハラによって大切な心を壊されないためには、とにかく一人で悩まないようにすることが大切です。