あなたは「自分だけ過度に仕事をしている」「パワハラから誰も助けてくれない」こんなことに悩んでいませんか?

実は新潟県ではパワハラのあるブラック企業を撲滅するための運動が行われているのですが、まだまだ手の届いていないブラック企業もあります。
もしあなたが所属している会社がそのパワハラのあるブラック企業に当てはまっているとしたら今すぐに対処をするようにして下さい。

「とは言ってもなにをすればいいのか分からない、、」という方は安心して下さい。
これからパワハラ上司から自分を守るためのパワハラ撃退法を3つお伝えしようと思います。

まずは弁護士に相談

困ったらまずは弁護士に相談してみましょう。

新潟県の弁護士の方は初回無料で話を聞いてくれる人が多いです。
なのでまずは初回無料の相談をしてみて自分にとって納得のいく内容ならばそのまま対策をお願いするというのが良いでしょう。

もし初めから弁護士に相談するのがハードル高くて怖い、なんて思う人がいたらまずはネット上の弁護士サイトを使うと良いでしょう。
年齢や内容問わず相談でき、その内容に回答できる弁護士の方が掲示板の中で回答をしてくれるシステムです。
これは利用料が無料なので、サイトに登録するだけで出来てしまいます。

上司を撃退するという目的だけではなく、法律という観点からアドバイスを貰い自分防御の選択肢を増やすために相談というのもおススメです。

弁護士に頼むのは大なり小なりお金がかかることなので、そこには注意してくださいね。

公的窓口に相談

いきなり弁護士は嫌だ!という人は公的窓口を使って下さい。

公的窓口は誰でも相談できるところなので変に身構えることもありません。
一番手軽に相談できる方法です。

会社に公的窓口への番号がわかる広告などを貼っているところもありますが、ない場合は、県のサイトにいけば番号等が載っています。
新潟県はしっかりとパワハラ対策にしっかりと力を入れているため、県でパワハラについての相談会等も開いています。

開催日は限られていますが、電話相談が苦手な方は直接相談会に行ってみるのもいいと思います。

最終的には転職

どれだけ相談しても納得いかなかったり、うまく会社に丸め込まれたりしてしまう場合は思い切って転職を決意しましょう。

現在は転職するのが珍しくないので社会的視線は昔ほど厳しくありません。
むしろ2.3年働いてから転職する若者は多いくらいなので安心してください。

転職先にも色々な企業があります。
なのでパワハラされたから仕方なく転職するというネガティヴな感情ではなく、新しいことにチャレンジできるチャンスだと思って挑戦してみて下さい。

転職を考える際は是非ネットを活用してエージェントの人に助けてもらいましょう。
ヒアリングから履歴書提出まで色々と自分の代わりにやってくれます。
働きながら転職活動は時間の制限を受けるため、エージェントの方に頼った方が効率的でしょう。

もしパワハラで精神的に参ってしまっていたたら、失業保険を給付してもらいながらハローワークでゆっくり仕事を探すのも良いでしょう。
まずは自分の身体を最優先にしてください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

新潟県はブラック企業のパワハラ対策がしっかりしています。
なので「パワハラをされてるかも」と思ったらすぐに自分を守ることを徹底してください。

相談できる場所は色々あります。
もちろん県の公的窓口でも大丈夫です。

おすすめは

・弁護士に相談する
・公的窓口に相談する
・転職をする

この3つの方法です。

まずは法的分野の弁護士に相談をし、納得がいかなかったら他の手段がないか窓口で相談をする。
新潟県にはパワハラ対策相談会があるのでそこに参加するのも良いと思います。

しかし人と人の関係なので修復できなければストレスが溜まりあなたが働くこと自体危うくなります。
その時は迷わず転職をしましょう。

転職することは逃げることではなく、自分が健康的に生活するために必要なことです。
なので「転職」をネガティブに捉えて立ち止まらないようにしてください。
今後、あなたがパワハラのない環境でのびのび働けることを願っています。