近年埼玉県では市の役員の自殺などの大きな事件があり、パワハラ問題が表に出てきています。

さらに埼玉県でのパワハラ相談件数が増加していると産経ニュースにも載っていたりと、何かとパワハラが問題になっている県です。

あなたの会社は大丈夫ですか?
上司に不当な扱いを受けたり、給料に見合わない労働をやらされていませんか?

まさに今、埼玉県全体でパワハラを無くさなくてはいけない!という問題意識がしっかりと浸透してきているということはパワハラ撃退のチャンスです。

あなたが少しでもこれがパワハラなのでは?と思ったらすぐに行動して下さい。
今回は「もしかして、、」と思っている方に向けて、パワハラ対策のための3つの方法を書きたいと思います。

弁護士の無料相談を利用してみる

多くの弁護士の方が初回無料相談をやっているのでまずは無料相談をしてみると良いでしょう。
何事も話してみないと糸口は見えてこないので相談することがパワハラ撃退の第一歩です。

もし弁護士の方に直接話すのが嫌な場合は、ウェブからも会員登録するだけで相談できるサイトもあるのでそちらを活用してください。
弁護士に相談するメリットは法律に特化しているという部分です。

もちろんウェブ上で知識を蓄えて自分だけで上司のパワハラを撃退しようとすることも良いとは思います。
しかし法律の専門家に法律の知識を教えてもらうことがパワハラ撃退の最短ルートになります。

会社側も強く出られなくなるので、弁護士はとても強い味方になります。
その代わり初回相談料以外はお金が発生してしまうので、自分の予算をしっかり立ててから相談して下さいね。

埼玉県の公的窓口に相談してみる

埼玉労働局というところに埼玉県民の方が相談できる労働相談コーナーがあります。

なんでも相談できるところなので、「まずは誰かに一回相談してから弁護士などに頼もうかな、、」という方はこの労働局を頼ると良いでしょう。

こちらは相談にお金はかかりませんし、電話が苦手な方は面談でも相談を聞いてもらえるのでとても便利です。
窓口は一箇所ではなく埼玉県の中でも何箇所か設置されているので、自宅から近い窓口に連絡をしてみてください。

無理をせずに転職をする

「上司と揉めたくないから」「もう仕事自体も嫌になってしまった」という方は転職を視野に入れてください。
今は人手の足りない企業がたくさんあり、人材は引く手数多です。

現在の職場よりも良い職場も絶対にたくさんあります。
自分のこれからの選択肢を増やすという意味でも転職は強くおすすめします。

一度パワハラの起きた職場は上司がいなくなり丸く治ればいいのですが、そうならずに悪化してしまうこともあります。
なのでめんどくさいことに巻き込まれてしまう前にさっさと新しい環境に飛び込むことが最善の時もあります。

「職歴に傷が付く」と思う方は安心してください。
今の社会風潮はひとつの企業に終身雇用することが偉いこと、なんて思っていないので転職に問題はありません。

転職をするなら転職アプリや転職サイトを使うと仕事を探す手間が軽減されますし、スカウト制度といって企業の方からオファーをくれることもあるので是非活用してください。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

少しでもおかしいと思ったらまずは自分の身の安全を確保してください。
パワハラは法的に裁きを受けるほどにやってはいけないことです。
それをされたあなたには身を守りパワハラを撃退する権利があります。

なので

・弁護士に相談する
・県の公的窓口を利用する
・転職することも視野に入れる

この3つを是非実行してください。

今の日本は昔と違い上司の理不尽に耐えることが美徳ではありません。
耐えれば耐えるほどストレスが溜まり、鬱になり仕事ができなくなってしまうということが社会問題にもなっています。

「理不尽パワハラは撃退して良い」ということです。
なので、パワハラをされたと思ったら上記の3つのどれかを試してみてください。

2、3年働いて仕事にも慣れてきた時に揉め事は辛いと思いますが、あなたが心地よい労働環境で仕事できることが一番大切です。
迷わずにパワハラ撃退の第一歩を踏み出せることを心から応援しています。