当時の年齢

24歳

性別

男性

当時の職業

溶接工

パワハラを受けた相手

上司

パワハラを受けたきっかけ

私が溶接工の職場に配属されて6カ月目になった頃です。

上司はそれまでは、私にとても親切に丁寧に仕事を教えてくれており、私がわからに事に関しましては、私が理解するまでつきっきりで作業を教えてくれていたのですが、6カ月目に入った頃に上司から一緒にお食事でも行こうよと言われたのです。

私は、上司とのお食事に行くことに対して、個人的には嫌だったので、お断りを申し入れたのです。
断った理由は家の都合で休日は家庭の事情でなるべく家にいなければならないのでといったのです。

その時は上司は、納得しまた機会があったら宜しくと言ってくれ、その後2日間位はいつものように接してくれていたのですが、その翌日以降から上司の態度が急変していったのです。

パワハラの内容

私が上司からパワハラを受けていた具体的な内容は、先ず仕事上で私がわからない事を上司に質問しますと今までは優しく教えてくれていたのですが、そんなもんは自分で考えてやれとか、何回も教えただろとか言ってくるのです。

仕事上でミスをしますと物凄い勢いで怒鳴りつけてきたり、睨んできたりもしました。

また、上司が仕事上でミスをしてしまった時にはそのミスを全て私の責任にされたり、昼休み中に話があると言われて呼び出され、休憩中までお説教をされたり、怒鳴られたり・・・。

私が有給休暇を出すとすべて却下もさていたこともあります。

他の作業者には優しくしており、私だけがこのような行為を受けていたのです。

パワハラを受けていたときの気持ち

私がパワハラを受けていた時は、その仕事が好きだったのですが会社には行きたくないと言う気持ちが強かったです。

また、その当時の上司を憎み早く上司が変わらないかなとも思ったり、私が会社を辞めたい気持ちも強かったです。

パワハラを受けていて人を信用しすぎるのも良くないという気持ちもあり、だれに対してでも信用できなくなってしまい、人生生きているだけで疲れてしまうような気持になっていたのです。

毎日考えるのは上司の事であり、どうしたら怒鳴られなくなるのか、どうやってこの状況を抜け出すのか、誰かに相談したら、上司の態度がさらに悪化し今の状況がさらに悪くなってしまうのか等を考えていました。

パワハラを抜け出した方法

私がパワハラを抜け出した方法は、私はその上司が優しかった時には本当に憧れていましたので、パワハラを受けていてももう一度上司と仲良く仕事をしたいという気持ちがあり、一人で悩んだ末、上司と会社以外のところできちんと話そうという気になり、私の方から上司を誘ってお食事に行くことにしたのです。

上司は私の誘いを了承してくれお食事に行き上司にパワハラについて自分の不満をぶつけたのです。

上司は最初は怒鳴りつけ私の話を聞いてもくれなかったのですが、私は上司に何故私に対してパワハラをするのか聞いてみたところ、上司は君とは仕事以外でも上手くやりたいと言い君がそれに気づいてくれないからだと言ってくれたのです。

私はその事を受け上司にそれなら今のパワハラを止めちゃんと自分の言葉で私にきちんと、仕事以外でも上手くやってくれないかと言えばいいじゃないですかと問いただし私は直ぐに店を出たのです。

それ以降上司の態度が変わり最初は私に気を使ってほとんど話しかけてこなかったのですが、数か月後には前みたいに優しく教えてくれるようになったのです。

現在パワハラに苦しんでいる方へアドバイス

現在パワハラで悩んでいる人達へのアドバイスですが、一人で悩んで嫌な気持ちになって仕事を辞めたいと思っている人たちは多くいるかと思います。

パワハラを受けていることは、何か原因があって行われるものでありますので、その原因を突き止めることが大切です。

また、誰かに相談する事も簡単ではないかと思いますので、誰かに相談する事は大切ですが、それを行ったからと言って解決されることもあればされないこともあります。

自分自身勇気を出しきちんとパワハラをしている人と向き合うことも大切になってきます。

最初は駄目かも知れませんが、何回か向き合うことによってお互いの溝が埋まります。
パワハラを受け色々考えてしまうかも知れませんが考えるのではなく勇気を持つことも大切です。

「パワハラ体験談」のページに戻る