当時の年齢

26歳

性別

女性

当時の職業

アパレル販売

パワハラを受けた相手

店長

パワハラを受けたきっかけ

とても大好きだったアパレルに販売員として働けることになりました。
わたしはそこで店長にパワハラを受けました。

最初の半年ぐらいは可愛がってもらえていて、とても楽しく仕事していたのですが、私の一日の売り上げが店長よりも上回ってしまった時にパワハラがはじまりました。

パワハラ+大人のイジメのようなかんじでした。
狭い店内で店長に嫌われるともう、地獄ですね。

私が売り上げを店長よりも上回ってしまったことで、店長のプライドを傷つけたんだとおもいます。

売り上げなんてお店全体のことなのに、それも上からは店長の評価になるのに、なんて子供っぽい人なんだろうと今なら思えますがその時は、店長が怖くて怖くて、とにかく店長の顔色をうかがってビクビクしているような日々でした。

パワハラの内容

パワハラの具体的な内容としては、まずバックヤードでよく怒鳴られたりしました。

理由は、お客さんへの接客が気に食わないとか、もっと売り上げを上げろ!とか(でも店長を超えてはいけない)そんな日常の些細なことでした。

他にも、なぜか私だけ一人で100人分のDMを用意させられたりもしていました。

本社から住所が書かれたシールが送られてくるので、それをはがきに一枚ずつ貼っていきます。
100枚ともなると大変です。
そして、一人ずつ一言手書きで何か書かないといけないのですがそれも一人で全部やらされました。

閉店してからDMを書かないといけないので、終電で帰ることもしばしば。
暗いデパートの中で泣きながら帰ったこともありました。

パワハラを受けていたときの気持ち

当時の気持ちはとにかく耐えよう・・とおもいました。

せっかく憧れのアパレル販売ができるようになったんだし履歴が汚れるのもいやだったので、とりあえず一年は何があっても耐えようとおもっていました。

なるべく心を無にしよう、考えるのをやめよう・・・とおもいました。

でも休みの日もいきなり涙が出てしまったりと、結構危険な状態だったと今ではおもいます。

でも、その時はあの店長が私の人生のすべてになってしまっていて、なんとか食いしばってやろうとおもっていましたね。

視野がかなり狭くなっていました。
でも、パワハラってされている時は「とんでもない!」と思う事も当たり前の状態になってしまい逆にその場で食いしばってしまうものなんだと思いました。

睡眠障害もあり、内科で軽い睡眠導入剤をもらっていました。

パワハラを抜け出した方法

パワハラからは逃げるしかありません。
それかパワハラするやつよりも強くなって負かすしかありません。

強くなるのは無理だったので、私は逃げました。

販売にしてから三か月目からパワハラがはじまり、それから半年間頑張りましたが朝、起きられなくなり睡眠障害もひどくなる一方だったので、仕事を辞めました。
辞める時は電話で話してやめました。

電話越しに「この非常識!」と怒鳴られましたが、すぐに切ってやりました。
一か月分は給料もらえませんでしたが、私は後悔していません。

パワハラするような奴からはとにかく逃げるしかないです。
自分の心が壊れる前に、自分の人生からそのような人物を無くさないといけません。

パワハラを受けている時に「負けない!」という気持ちで食いしばってその場にとどまることはとっても危険な行為です。

逃げてください。

現在パワハラに苦しんでいる方へアドバイス

いろいろな状況にもよりますし、簡単に環境を変えられない状態であるかもしれませんが、とにかく最後には「逃げる」と固く決意してください。

その場でなんとか頑張ろうなんて本当にばかばかしいです。
そんな平気でパワハラするような人は幼稚です。
人間として低層です。

そんな奴は自分よりも下だと思い、踏ん張ってやろうなんて思わないでください。
そんな事にあなたの力を使うのが本当にもったいない!

どうしても逃げられない状態なら、物理的になるべく近寄らないようにするとか、いろいろできるとおもいます。心には踏み込まれないようにしてください。

決して、そのような人を相手にしてはいけません。
絶対にダメです。

パワハラ受けている時って感覚が麻痺している状態の場合もあります。
離れてみて、違う世界をみて、なんであんなところで踏ん張ってたんだろう・・と思う日がきます!

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

「パワハラ体験談」のページに戻る