パワハラはすべての働く人にとってもはや他人事ではない社会問題です。

パワハラによって身体を壊して休職、退職を余儀なくされてしまったり、最悪の場合には自ら命を絶ってしまう人もいます。
誰もがパワハラにあう可能性があります。

しかし、ここで泣き寝入りするだけで良いのでしょうか?

自分さえ我慢すればよいと言えば一見できた人ですが、何の罪もないあなたが苦しみ、やりたい放題の上司がのうのうとしている。

そんな状況をそのままにしていてよいのでしょうか?

現状から脱出するための方法を考えてみましょう。

1.記録を残す

まずこれが一番大切です。

いくらあなたが上司からこんな酷いことをされた、と訴えても証拠がない限りは周りも動けません。

疑ぐり深い人であれば、上司ではなくむしろあなたが仕事をサボろうと嘘をついているのではないか、手当をもらって休職しようとしているのではないかと見るかも知れません。

記録は手書きのノートに日記のように日付や時間、内容などを詳細に書いてもいいのですが、できるだけ客観的な証拠も残す方がさらに確実です。

客観的証拠を残す方法は色々あります。

録音や写真など今はスマホがあれば簡単にできますね。
例えば一人会議室へ呼ばれたら録音スタートです。

サービス業の方などは仕事柄自分のスマホを勤務中に所持できないこともあるでしょう。

そんな時は携帯用のボイスレコーダーを使いましょう。

上司の許可なく会話を録音するなんで大丈夫だろうかと不安に思うかも知れませんが、パワハラなどの場合、相手に許可を取ることなく証拠のための録音をしても法的に問題はありません。

2.相談窓口に相談する、味方を増やす

大きい会社ですと嘱託医がいたり、パワハラ相談窓口などを設置している所もあるかと思います。

しかし、パワハラ上司がそれらの窓口担当者と関係が良い場合、相談に乗ってもらえないばかりか、上司と裏で結託してさらにパワハラがエスカレートする危険もあります。

会社とは直接関係のない無料の相談窓口もうまく利用しましょう。
各都道府県に労働局など電話や面談で相談に乗ってくれる窓口があります。

会社勤めの方でも利用できるように夜間や休日の相談を受け付けていることもあります。
もちろんどこの窓口でも秘密は厳守されます。

また、パワハラをするような上司はあなた一人だけをターゲットにしているのではないかも知れません。

周りにも苦しめられている人たちはいませんか?
何人かで集まればひとりでは思いつかなかった解決策が浮かぶこともあります。

被害者同士で労働組合やユニオンに加入して力を合わせるのも一つの手です。

3.訴訟や裁判、探偵会社を利用する

最後は少々お金がかかる方法です。

これまでの証拠を集めたら訴えてみる、また上司の悪い噂など聞こえたら探偵会社、調査会社などに相談してシッポをつかみ、弱みを握る方法です。

どれも上手く行けばかなり効き目は強いですが、リスクも高いです。

いずれの方法でもかなりのお金がかかりますので、ある程度の貯金や支払い能力のある方のみ実行しましょう。
借金してまですることはないでしょう。

裁判で敗訴したり、探偵会社が悪質だったりしたら最悪です。
仮に勝訴しても会社に居づらくなり、結局退職せざるを得なくなることもあります。

実行するのなら、とにかく慎重に進めましょう。

まとめ

上司への反撃方法を、いくつか紹介しましたが、どれを選ぶかはあなた次第です。

時間をかけてジワジワ反撃するか、一気にズバッといくか、いずれにせよあなたが嫌な上司からのパワハラから逃れ、健康な心身を取り戻してお仕事を続けられますよう応援しています。

「パワハラで仕返し」のページに戻る