青森県でパワハラで悩んでいる人は多いです。

独りで悩んでいてもうまくいかないときは、職場の外の人に相談してみることも大切です。
パワハラはどこの組織でも起こりうるものですので、弁護士や公的な機関に相談窓口があります。

青森県でパワハラに悩んでしまった時に何処に相談すれば良いのか?
おすすめの方法を紹介します。

弁護士に相談する

パワハラで悩んでしまったときは弁護士に相談して解決することができます。
メリットとしては、法律のプロに間に入ってもらって相手と交渉できることです。

パワハラの相手と直接話しをしなくていいので、精神的な負担が少なくてすみます。
和解をする事も出来ますし、法廷に持ち込み精神的苦痛に対する損害賠償請求を求める事もできます。

訴訟を起こすと会社に迷惑をかけるのでは?と心配な方もいるかもしれません。

個人でパワハラを訴える場合は、個人間での争いとなります。
そのため、パワハラの相手を訴えるのであって、会社を訴えるわけではないので安心してください。

デメリットとしては、弁護士に相談する事により相談料や成功報奨金や調査に掛かった費用を請求されてしまいます。

また、裁判で負けてしまった時には裁判で必要となったお金を裁判で負けた方側の負担となります。
パワハラを受けていた側でも裁判で負けた時には裁判費用を負担しなければならないのです。

話し合いで片付けば、時間はかからないのですが訴訟となれば時間や費用も掛かってしまいます。

公的な機関に相談する

パワハラは公的機関に相談することもできます。
公的機関に相談する事によりパワハラ問題も解決できます。

公的機関に相談するメリットは、無料で相談できることです。
デメリットは、会社に迷惑をかけるリスクがあります。

パワハラを行っている人の相談をすると、公的機関で企業に対する対応についても調査を行います。

会社内では誰がこの相談をしたか噂になってしまい、バレたときは以前よりいじめがひどくなることもあります。

また公的機関では相談には乗ってくれます。
しかし、直ぐに動いてくれない時もあります。
そのためパワハラ問題の解決までに時間が掛かってしまうこともあるでしょう。

転職をする

パワハラで悩んでしまった時に一番手っ取り早い方法は転職することです。

転職をするメリットとしては、一早くパワハラから抜けだす事が出来ますし、次の転職先で新たにスタートする事によってキャリアアップや自分の技術の向上も図れます。

デメリットとしては、退職をし次の転職先が決まるまでの期間に時間が掛かってしまう事もあります。
また、給料面や福利厚生面での待遇が、退職した会社よりも次の転職先の方が悪かったりもします。

次の転職先で人間関係も新たに作っていかなければならないので、人間関係作りや新たな仕事を覚えるのにも時間が掛かってしまい自分自身の負担にもなります。

そのため、転職エージェントなどを活用し、担当者と相談したり、会社の評判をよく調べることが大切です。
今よりもいい条件の職場を見つけられる可能性が高まります。

ちなみに、私はパソナキャリアで転職を成功させました。

まとめ

青森県でパワハラで悩んだときの対処法は次の3つです。

・弁護士に相談する
・公的機関に相談する
・転職する

一番お金が掛かってしまい時間が掛かってしまったり、会社にバレる気まずい弁護士や公的期間への相談はなるべくしたくないですね。

パワハラを解決したいなら、お金もかからずに時間もかからない転職を真剣に検討してみてください。
自分の納得のいく仕事を探すためには、時間をかけてじっくり検討していく必要があります。

そのため、今のうちから転職サイトに登録を行い求人を探しはじめてみてください。