パワハラを受けた時のストレスは相当なものです。
それが長期間になればなるほどストレスは蓄積していきます。

会社を休んだり辞めたりできればよいのですが、収入が断たれるのも厳しいですよね。
そんな時はたまったストレスを解消しましょう。

とは言っても暴飲暴食やヤケ酒、お皿を割るなど体に負担がかかったり、危険を伴うもの、近所迷惑になる方法はNGです。

手軽かつポジティブにストレスを解消できる方法をいくつかご紹介します。

体を動かす

上司からの叱責を毎日受けていると胃がキュッと縮まり、身体がこわばってしまいます。
デスクワークですと仕事でパソコンを使うことも多いですね。

気づけば一日中同じ姿勢で座りっぱなしではありませんか?
それでは肩も腰も悲鳴をあげているかも知れません。

会社帰りや休日に運動して、固まった心と身体をほぐしてみませんか?
最近は深夜までやっているスポーツクラブやジムもあります。

時間帯によっては料金もお得ですし、シャワー完備の施設やウェア、シューズ等をレンタルできる所もありますから、手ぶらで通えます。

そこまで本格的にやるのは少々ハードルが高い。
という時は地元の市民プールなどで泳いだり、家の周りを軽くジョギングするだけでもいい運動になります。

無心になって体を動かすことで余計なことを考えなくて済みますし、気持ちもクリアになります。

友人と会う

久しぶりに学生時代やバイト仲間の友達と会うのも良いでしょう。
人と会うのは良い刺激になります。

また会社がらみではない旧知の友人との時間は楽しいものです。
利害関係もありません。

例え数年会っていなくても、当時に戻ったかのように話に花が咲くのが友人との語らいの楽しいところです。
グチ大会やお酒の飲み過ぎにならないようにだけ気を付けましょう。

カラオケに行く

もし、大声を出して発散したいならカラオケに行って歌うのもいいですね。
友達と盛り上がってもいいですし、予定が合わなければ一人で行ってもいいのです。

最近はヒトカラ(一人カラオケ)も珍しくなくなりました。
ヒトカラ専用タイムや個室のあるカラオケもあります。

1.2時間ワーッと歌って発散するのもストレス解消になります。
好きな曲を思い切り歌ってストレスを吹き飛ばしてみませんか?

何曲か歌うだけでも意外とカロリーを消費しますからダイエット効果もあり一石二鳥です。

コミュニティを作る、参加する

家と会社だけが生活の場というのは息が詰まりますね。
ましてや現在あなたはパワハラを受けている非常に辛い立場にあります。

家でも会社でもない第三の居場所を作りましょう。

時間を忘れて没頭してしまう趣味や昔得意だったこと、これからやってみたいことはありますか?
どんなことをしている時が一番楽しいでしょうか。

現代は様々なSNSで仲間を集めることが可能です。
入ってみたいサークルやコミュニティを検索してオフ会に参加してみたり、めぼしいものがなければ自分で新しくサークルを作ってしまうのも良いでしょう。

なお既存のサークルに入る場合は出会い目的や宗教、マルチ商法などがからんでいないか注意が必要です。

特にストレスがたまっている時は判断力が鈍り、衝動的に行動しがちです。
魅力のあるサークルでも勧誘がしつこかったり、何となく違和感を感じたらやめておきましょう。

もちろん安全で良いサークルもたくさんあります。
よく吟味しつつ、素晴らしい仲間たちとの交流ができるといいですね。

まとめ

パワハラの環境がなかなか変えられないのは辛いところですが、ここでも挙げたようにストレスの発散は様々な方法で可能です。

ぜひいろいろ試してみてご自分に合ったストレス解消法を見つけてくださいね。

「パワハラ脱出の基本」トップに戻る